私感・雑感
思ったことを思ったように書きます。
プロフィール

paix31415

Author:paix31415
2008年秋に発達障害とわかり、以後色々と紆余曲折を経て、自らの障害を受容、肯定し、前向きに生きています。 発達障害のこと以外でも、世の中のこと、社会、平和、政治、家庭、人間関係、趣味や特技などなんでも広く考えたいと思います。

更新はなかなかできないかもしれませんが、徒然なるままに、それらのことを含めてときには恋愛話やエッチな話もアリ!?色々な私感・雑感を書いていきたいと思います。

記事の内容(文章及び画像)を引用や転載される場合は、事前にご一報下さい。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最新記事



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



QRコード

QR



FC2カウンター



春の合宿
桜が咲きそうなくらいの暖かい3月最初の土曜の昼間、毎年恒例の、組合の春合宿がスタートし、今年も参加させて頂きました(4回目)。

日帰りの人も含め、府下ほぼ全部の地域労組から沢山の組合員が参加しました。
風呂良し、宿良し、食事良し、中身良し、でした。

受付を済ませて渡された資料に目を通すと、以前合宿に参加したときに、参加者アンケートや大まかなタイムテーブルを全員分用意したほうがいいとの意見を僕は出させて頂きましたが、それらがきちんと反映されてきていて、ありがたく思いました。

また、夕食後の交流会に専用の部屋も用意して頂いていたので、これも改善されてきていてありがたいと思いました。


次にいくつかの具体的な内容に触れます。

最初は執行委員長のかたから基調あいさつがありました。
今の野田政権、橋下市政、松井府政のもとで地域労組の果たす役割などについて簡単に報告されました。

記念講演は、講師のかたが大変詳細なレジュメを用意してくださったおかげで、内容は非常に分かりやすかったと思います。


夕食交流会の後は恒例の二次会があり、最終午前2時まで続きました。
ま~僕は飲んで歌って飲んで語ってまた飲んで歌って……
翌日が二日酔いでしんどかったです(TT)

2日目は、機関紙分科会以外は沢山の分散会に分かれて、労働組合に何を求めるのかということでの討論が行なわれました。

この形式はなかなか不慣れな人も多いのではと僕は思ったのですが、青年部書記長のパワポを使った説明が的確だったためか、理解不能に陥る参加者はいなかったように思います。

やはり組合員の様々な要求(賃上げや解雇撤回などの争議だけではなく、交流や学習、レクリエションなど)を実現していくことが大切、と大体どこのテーブルでもそういった議論だったと思います。

最後に分科会、分散会などのまとめで、機関紙分科会のほうから、機関紙に映えるデジカメ術を講師のかたよりレクチャーして頂いた、との報告があり、参加していなくっても誰でも「デジカメ名人」になれると思いました。

最後は、副委員長のかたの「団結ガンバロー」で締めくくりました。

欲張りなことを言えば、昼食後も場所を変えてもう少し(後2時間少しくらい)議論を深めてもよいかな、と感じました。ちょっとだけ・・・物足りないな、という感じです。まだお腹一杯じゃないぞ、ってことです(笑)

しかしそれでも、沢山学び、多くの仲間たちと交流でき、元気を一杯もらいました。

ありがとうございました!!

※おまけ……

帰り際に、少し喉が渇いた僕は、ロビーの自販機で水を買い求めました。
150円の買い物に1,000円札……お釣りは当然850円のはずなのですが……
ジャリジャリジャラジャラゴロンゴロン……ボカンドカン

はぁ???(驚)(疑)

信じられないような音がしました。

まさか全部5円玉や10円玉で出てきたなんてことはないよなあ……
と思って見ますと、500円玉やら100円玉、様々な金種の硬貨でした。

あたかもスロットで(僕はしたことないんです、想像です)超大当たりが出たかのようなラッキー感(^m^)up↑

でも、それを取り出そうとしたときの落ち込み感(ToT)down↓


お釣りが多過ぎて返却口が完全に詰まってしまっていました。
プラスチックの蓋はどんなに頑張っても微動だにせずでした。
正当なお釣りすら出せません。

仕方がないので、フロントの男性に先にお釣りの850円を精算してもらいました。
そのフロントさんは、その後返却口をモノサシで器用にこじ開けて硬貨を取り出していました。
……その慣れた手つきを見ると、これまでもこういった故障はたびたびあったのでしょうね、きっと。

いやあ、一応労働組合の一員としての参加ですし、これからもお世話になる宿かも知れないので、ウォリャァ~!!って力任せに返却口を破壊!?して数千円(それ以上??)をがめたりはできませんね。
え??なら個人で来たときにそんなことがあったらぶっ壊すんかい、って??

あはは、いえいえしませんよ~そんなことは(^^)


スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

日本は……これから??

最近、いわゆる「派遣切り」「雇い止め」など、リストラの嵐が吹き荒れていて、日々のニュースを見ていてもこの手の話題の多さに驚いている。雇用問題についての報道がない日なんかない。

雇用問題、労働問題もそうだけど、働く、ってなんだろう……そういった根源的な問いかけ、そこを追及したものがいまひとつ少ないのには若干の煮え切らない思いを抱いてはいるが、当面の緊急かつ重要なテーマといえば、さしずめ雇用問題だろう。

そういった背景の中で、NHKも盛んに特集番組を組んでいる。
昨夜全国ネットで生放送された「日本のこれから」、これに友人が出演するので、3時間視聴した。

内容は、派遣の働き方の規制、ワークシェアリングの是非、企業の雇用確保対策について、また、安心を得られる働き方は何か、……といったことに対して2者択一式でスタジオ生議論がなされた。

かなり色々な意見が出たが、大分……見えてきているものは多いな、と感じた。

国と大企業の責任、これが大きいと思う。
しかし、厚生労働副大臣がかなり連合に近い意見を述べていたのには驚いた。

大企業はついこの間までは空前の利益を上げてきたが、それは派遣労働者などを安く「買い入れ」てきたからでもあるし、そうやってどんどん内部留保を増やし、株主への配当や役員報酬は減らすどころか増やしているところが多い。
そして不景気で減産になれば従業員を切り捨てる……これって、あり??

会社って、誰のものか、あるいは、誰のためのものか……時間の制約上、番組ではそこまでは問われなかったが、ふとそう思った。

会社は株主のもの、なんかじゃないはずだ。
大体今の日本の大企業の株主は、株価が上がったらさっさと売り抜けて、つまり「儲け」の手段としか見ていない人が殆どだと思う。一部の富裕層のマネーゲームだ。

会社は、製品を作ったり、あるいはサービスを提供したりすることによって、社会に貢献する、社会の役にたつ存在でもあるはず。
そしてそこで働く従業員は、その中で社会に貢献し、役立つという意識が持てるし、長期的にはスキルアップや自己教育など、いわゆる自己実現をしていく。
もちろん生活の糧を得る、ということも重要だ。
経営にあたっては、より良いサービスや製品が安定的に供給、あるいは提供できるように、会社が潰れないように、上手にコントロールしなくてはいけない。
そのためにはそこで働く一人ひとりの満足度を上げるような創意工夫も必要になってくるだろうし、勿論顧客満足度も重視しなくてはならない。

あるいは、色々なことが、国の行政にも見えてきているのかもしれない。
大企業に対してきちんとした規制を加えてこなかったこと、これは駄目だ。
けれども、少しづつでも実情をはっきりと見て、何らかの施策を打ち出そうとしている、
このことはしっかりと見ておきたい。

それから、麻生さん……政治家は、信念を貫かないと駄目だよ。

俺は渡辺元大臣の主義主張には反対だけれども、ある意味自分の考えを貫いたという点では、拍手を送りたい。


テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

ホワイトカラーエグゼンプション
何度もここでは取り扱っているが、次の通常国会での法案成立はヤンピ!だそうだ。
やれやれ、一件落着……

なわけねーだろ。
どうせ次の参院選に向けて、人気が落ちるのを防ぐため(もう既に人気取りとすらいえない)だろ、と思ってた。

これまで散々使った手法だから。選挙前は愛想よく、終われば掌を返す、またいつもの…。

知人からメールが来た。反発が強いから、理論的に説得できる素材がそろうまでは出してきそうにない、とのこと。

なるほど、そりゃそうだ。
しかし、裏を返すと、説得材料が整ったら国会にやって来る、ということだな。

自民党と民主党は参院選に向けて、選挙で勝つためのプロジェクトチームを持っている。油断はならない。

どんな「説得材料」を携えてきても、完膚なきまでに打ち砕いてしまいたい。
反対の野党はがんばってほしい。

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

ほんまかいな?
ホワイトカラー・エグゼンプションについては私のページでは何度か話題にしたが、新聞の報道によれば、その制度適用対象者数はおよそ20万人だとか。

本当にそうかな。

消費税だって、最初3%、今5%、細川首相の時代には7%案も出ていたし、政府は近い将来引き上げをしたそうにしている。

それと同じように考えたら、「小さく産んで、大きく育てる」予定であろうことは明白。

おかしなお役所や行政サイドの言っている調子のいいことにはだまされないぞ。

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

なるほどと思ったこと その2
先刻、友人と今年初の電話会議?(要は長電話)をしていて、たまたま話題がホワイトカラ-・エグゼンプションのことに及んだ。

この制度が実施されたら、却ってみんな仕事しなくなる、残業代が出ていたのが出なくなるんなら、みんな残業する気をなくして定時でサッサとあがるようになる。確かに一部の要職にある人などについては、過労死や労災が増えるかもしれないけれど、大多数はサッサと切り上げると思う。

と思っているとのこと。

これにも、なるほど、そういう見方もあるんだな、と思った。

テーマ:政治 - ジャンル:政治・経済