上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この頃の国会での採決のやり方を見ていますと、なんだかどうしても「今国会で!」という執念を感じます。

なりふり構わず、ひたすら「通すぞ、通すぞ」の猪突猛進ぶり。

参院選で大敗退したら手も足も出なくなるから、「今のうちにやったれ!」ということのように思えてなりません。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

司法の問題としては、例の母子殺害事件の審理がなされていましたが……

ドラえもんがなんとかしてくれる?復活の儀式?

ふざけ過ぎです!!

藤子不二雄氏はそんなへんてこりんな弁護のためにあの作品を書いたんちゃうやろ。

こんな人を食ったような文言をよくも並べ立てることができるのものだと……何なんでしょうね。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

金曜日は私用で帰宅が遅くなりますので、皆さんの所にお伺いするのが遅くなりそうですがどうかご容赦下さい(場合によってはお伺いできないかもしれません)。



スポンサーサイト
国民が偽装肉問題にみんな注視しているときですが、他の諸問題についても目が離せませんね。

年金、介護事業、憲法問題……などなど。

昨日の朝日新聞大阪版の投書欄に、関東在住の小6女子が、憲法問題についてはっとさせられるような素晴らしい投書を寄せていました。

その大要は……

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

先月14日に成立してしまった「国民投票法」での選挙権の引き下げをまず冒頭で述べていました。
また、戦争責任についてはなかなかその非を認めようとしない(おそらく政府与党のことだと思いますが)者たちに対しては痛烈に批判し、
暴力を使わずに対話での解決を日常のけんかになぞらえて切望し、
と同時に憲法前文や9条に明示されている「国際紛争にあたっては武力を行使しない」で話し合いによる解決と自衛隊は不要と話を展開していました。

さらに首相の唱える「美しい国」は靖国信仰に結びついていることを感じ取り、
明確に新憲法制定に反対意見を唱えていました。
仮に有事になれば戦地に赴くのは若者だから、
もっと若者の意見を聞いてくれと締めていました。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

18歳未満だから政治のことは解らない、それ以上だから解るという問題ではありませんね。

実際の投稿は、小学生らしい極めて平易な言葉で非常にわかりやすく書かれていました。

この小6生の瑞々しい感受性と見事な表現力に天晴れと思います。

と同時にこれだけの年齢での豊かな見識に、日本の将来の「新しい芽」を見たようで、思わず心の底から拍手を贈りたくなりました。

この世代でも着実に「小さな芽」育ってきているように思いますね……ネオさん。


一連のミート社の不祥事についてはもう封印しようかと思っていたんですが……
さすがにもう何が出てきても驚かんぞと思っていましたが……

ドンドン出てくるどころの話じゃないですね、これ。
偽装肉の歴史は24年にも及ぶということも驚きです。

頭脳冴えまくり社長の、今度は保険金詐欺までもが発覚しましたね。

卸し先からクレーム付きで返品された偽装肉については「従業員のミス」として保険金を不正受給。

さらにその返品商品を系列レストランで完売。

今朝現在、ミート社のHPは閉鎖されていますが、そのレストランのHPはまだ残っています。

しかし、そこにはなんらお詫びのお知らせらしい文面はありませんでした。

「安いものに飛びつく消費者も悪い」とか言ったそうですが、消費者軽視の姿勢はここでも一貫してますね。

さすがにもう潰れてもらうしかなかろうと思っていたらやはりその様子。

しかし、なぜ今になってこの問題を精査してんの?と思ったのは私だけでしょうか。

これまでの立ち入り検査がいい加減で杜撰だったのか、それとも「賄賂」や「談合」があったのか……その辺りはわかりませんが、

1年ほど前からの元従業員の勇気ある告発もしばらくは放置されていたらしいですね。

まるで先月以来の元農水相の不祥事や現農水相の汚名などを返上するかのような勢いだと、つい勘ぐってしまいます。

あるいは参院選前のアピール!ってところかも……?ってね。
先日日記で、「コープも加ト吉もある意味被害者」と書きましたが……

すみません、一部撤回します。

北海道加ト吉についてはミートホープ社とグルでしたね。


加ト吉は、製造工程に出る端数のコロッケを再度ミート社に激安で販売して、それを今度は、あろうことかミート社が年月日ラベル打ち変えてまた販売していたとのこと。

でもってミート社から頂戴したお代は売上にはなってないとか……。

本当は期限切れになっているはずの商品が「ものの見事に」リサイクルされる仕組み!

肉の錬金術師としての頭脳冴えまくりですね、本当に。

ちょっと皮肉を込めて(でも偽装肉は混めないぞ)、イヤミをたれました。


ミート社については、新たに価格暴落したカモ肉(鳥インフルエンザ流行時に)を混入したとして
また問題が発覚しましたが、探せばまだどんどんドンドン出てきそうですね。



追伸

下の日記のタイトル末尾一部変更しました。あんまり色々じゃないなあ……って思ったからです。


少し前になりますが、先週木曜日の新聞に、コムスンを引き継ぎたいと名乗りをあげた外食産業社長のインタビューが新聞に載っていました。

読んでみて思ったんですが……

利用者つまり顧客重視の姿勢は、最近のノバとか渋谷のレディーススパとかうそくそミートとかテレマートに比べると遥かにましだと思います。
ですが、従業員と顧客を秤にかけている、つまり二者択一的議論になってるのは全然駄目でしょうね。
従業員と顧客、どっちも大事ですやん。
従業員あってこその顧客であり会社ですし、顧客あってこその従業員であり会社だと、そう私は思うんですが……。
彼には「従業員を大切にする」という視点がまるで感じられません(株主総会の時期ですが、この際株主は置いときますね)。

本当は、「どちらをとるか」じゃなくて、「どちらも大切にする」でしょう?
……と言いたいんですけど、それは欲張りというもので、いや、無いものねだりであって、所詮大資本家にそんなの期待するのは甘い妄想で無理だということも分かりました。

数年前には、土曜BEに登場したときには「お?こいつだけは(こいつこそは)違うかも……」ともチラッと思ったんですけれども、どうもそうやなさそうですね……。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。