FC2ブログ

思ったことを思ったように書きます。

潔白

俺がこの半値、じゃないや、ハンネ、ハンドルネームを使っていて、英語が好きで(得意というわけではない)、いつもそこのBBSをよく見ていることを知っている人の仕業。

俺はあんな手の込んだことはしないし、不気味な思わせぶりなことも書かない。

それに管理人さんは俺のメルアドも分かってはるし、IP見れば俺じゃないのは明らかだ。

……今日の午後までに一瞬存在したおかしな書き込み、なりすましのこと。

急いで書いた文章のため、ヘンテコですまん。

解明


ここ数日の俺の中の混乱は、なぜ起こったのか、自分なりにその謎を解明してみた。
とはいえ、精神科医でも心療科医でもカウンセラーでもない、いち素人の俺だから、誤りもあるかも知れないが……。

俺の周囲で、何か大きなこと、とてつもなく恐ろしいことが起きそうな、そんな予感がしていた。
そしてそれは途方もなく不気味で、途方もなく嫌なことだろう、できれば視たくはないことに違いない、という予想を立ててもいた。

それを真正面から凝視する心理的覚悟ができていた。レディネスができていた。
心の準備をしていた、ということにニュアンス的には近い。

まあ、今日明日明後日にでも実際に起きたらきっとあたふたするんだろうけれども。

ところが、その大きなことがなかなかやって来ないものだから、そこを注視するエネルギーは行き場を失って、しびれを切らしてしまい、自分の心の中に、とてつもなく恐ろしい「幻」のようなものを勝手に作り上げて、代償としてその「幻影」を注視することで、心の平衡を保とうとしていたんだろうと……思う。
それは昔の映画、ポルターガイストに出てくるような、悪霊たちのようないでたちであったかも知れないし、人間の姿恰好をしていたのかも知れない。

不思議な暗示にかかっていたような、錯覚していたような、そんな……なんともいえない、きつねかたぬきに化かされていた、という感じでもないんだけど……ううん、うまく説明できないんだけど、何かそんなとこ。

催眠術にかかっていたかのようだ、といったほうが少しは近いのかもしれない。

それが解けた今、混乱は全くゼロかというと、そういうわけでもないんだが、かなり気持ちは楽になっている。

視るべきもの、恐ろしいものが来たら、おそらく動じてしまうであろうことは大方見当がつくが、これまで経験した数々のパニックほどにはきっと混乱しないだろう。

そのときに役立つのは、先に書いた、複数の回路で対処することだと思う。
異なるチャンネルを使う、と言ったほうがより分かりやすいのかもしれない。

例えば普段は○○放送とか○○テレビを視ていてN○Kはあまり視ないのに、台風や大地震などが来たときには、N○Kを注視する、みたいなものかな。

おお、いかんいかん、明日は支援センターの相談日だ。宿題やらないと(^^;

終焉と謝罪

この2日間に及ぶ俺の中の闘いは終わった。
理由もはっきりした。

終わってみれば、あれは何だったんだろう、と思うが、
少なくとも昨日から先刻まではわけの分からない苦悩の中にいたのだ。

今は非常にすっきりしている。

どかどかと奇妙な記事ばかり書き連ねて、
読者の皆様方に多大なるご心配をお掛けしてしまったこと、
本当に……申しわけなく思っている。

若干大袈裟に過ぎた感もある。

今後は、もっとゆったりとした構えの自分でありたい。
いや、そうならないといけないように思う。

さて、ブラッシングして寝るかな、いやいや、その前に大事なネット徘徊が残っているか。

先に挨拶だけ済ましちゃえ。

おやすみなさい♪

浮上


ここに来て下さる方々の不安を煽るようなことばかり書いてしまってすまない。

俺は自分の生を自らの手で終えるようなことはしない。

また、手錠を掛けられるようなこともしていないし、その寸前のこともしてはいない。

それだけはお天道様に誓って断言できる。

まだまだ生きて生きて生き抜いてやる。

やるべきこともやりたいことも山ほどある。中途で諦めたりするものか。

ちょっと飯食ってくるわ。

追加

基本、平素は平穏でいられるというのは、自分の心の闇を忘れることができるというか、普段使う回路と違うということなんだな、多分。

あるいは広角レンズのついた照明器具が、ときどき単指向性のスポットライトのように照らす角度を自ら狭め、自分の中の嫌な部分を照らさないで済んでいる、ということなのかも知れない。

でも根源的には問題はそこに転がっているわけだから、取り除かない限りときどきは光が当たってしまう。

回路とかに喩えると、完全にその通り道を遮断したところで、寝ているうちにお節介な小人さんが出てきてまた繋げちまうようなもんかも。

ならばその悪の部分を除去する以外に最善策はないと心得た。

回路遮断や照角の狭小化は消え去るまでの応急措置なんだな、これが(笑)
いやいや消し去るまでの、と書くべきか。そんな受動的な日和見ではいけない。

まあ、たまには自分の問題に正面からガブリ四つで取り組むのも俺には必要なんだろう。

スポットを当てないのも自己訓練、取り去るのも自己訓練。
この過程で得た技術は今後きっと俺の生きていく上で役に立つだろうと思うし、そう、信じたい。

ところで腹が減った。飯の仕度して来よう、っと!

うん、大丈夫だ、きっと、大丈夫だ。
プロフィール

paix31415

Author:paix31415
2008年秋に発達障害とわかり、以後色々と紆余曲折を経て、自らの障害を受容、肯定し、前向きに生きています。 発達障害のこと以外でも、世の中のこと、社会、平和、政治、家庭、人間関係、趣味や特技などなんでも広く考えたいと思います。

更新はなかなかできないかもしれませんが、徒然なるままに、それらのことを含めてときには恋愛話やエッチな話もアリ!?色々な私感・雑感を書いていきたいと思います。

記事の内容(文章及び画像)を引用や転載される場合は、事前にご一報下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター