あまりにも早い時間帯での当確がネットニュースで流れた。

あ、新聞はとってないし、テレビも視ない(というか、ない)ので、マスコミがどのような情報を世間一般に報道しているのか、最近とんと疎くなっていた。

はっきり言って、凹みまくっています。
……というか、ショックで気持ちの整理がつきません。

府庁と市役所にハーケンクロイツが立った、って一瞬思ってしまったけど、
よく考えるとこれは……
その昔、東京や京都、大阪で革新自治体が次々と誕生し、黒田さんや蜷川さん、美濃部さん……が活躍されていた時代、相手陣営からの攻撃文句に、やれ府庁に赤旗を立てるな、とか、市役所に赤旗を立てるな、とかいうのがあったけど……

それと同レベルになってしまっているということか、俺は。

少しアンテナが鈍っているのか。

ちゃんと擦って磨いておかないと駄目だな。

自戒。



スポンサーサイト
大阪をダブル占拠しようとしている維新の会、その大阪都構想って、僕に言わせてみればお金持ちと大企業優遇の大型開発で、これまでの弱者切捨てを一層容易にするもの。

今の大阪市と府の一部をいくつかの特別区に分けて、今の各市町村の税金を大阪都が徴収し、関空リネアや高速道路淀川左岸線を作って、ゼネコンを潤し、今の府庁に金持ち病院を沢山作って、そこに海外の富裕層やお年寄りが来やすくするためにリネアやなにわ筋線や高速道路作って、元気になった人らにカジノで遊んでもらってお金を落としてもらおうと……。

ちょっと待てよ、もっと有効なお金の使いみちがあるでしょう、と、これに反対するものは職員基本条例でクビ。

http://www.pref.osaka.jp/gikai_giji/2309gian/100502outlines.html
読んでみたら、ま~えげつない内容だな。

教育現場にも5段階の相対評価による人事考課の制度を持ち込み、2年連続で最低評価を受けたらクビ。

http://www.pref.osaka.jp/gikai_giji/2309gian/100503outlines.html
http://osakanet.web.fc2.com/kyoikujorei.html
上に同じく、えげつな過ぎる。

学校に競争原理を持ち込んで、一斉テストの小中学校別結果をネットで誰でも見られるようになる。

こんなことしたら、現場では、高得点の期待できない児童や生徒に「テスト受けんといて」って言う校長や教諭が出てくるのは当然。

あるいはクビにならないために、不正やカンニングの横行、黙認。

子どもに誤りを教えて何が教育か!!

また、全員受けさせるようにした先生がたが、「あんたのクラス平均点低い」ってことで人事考課で低ランクをつけられてクビになるかも知れない。

あるいはそのようにした学校の校長が、「あんたの学校平均点低い」ってクビ。

職員会議で「点数の低い生徒には受けさせないで下さい」「カンニングは見逃して下さい」なんて校長が指示出して、従わない先生もクビ。

また、一部の不心得な教諭がどっかから不正に問題を事前入手してトレーニングさせる、なんてこともあるだろう。

府立高校は3年連続で定員割れしたら廃校。
早くもそのあおりか、募集定員がかなり少なめに設定されそうだ。

高校の数が減ると、生徒はそれだけ通学に費やす時間と金がかかる。

こんなんアカンと言った先生も最低ランクでクビ。


人事考課という制度そのものが恣意的だし、それに職場での人間関係の悪化も心配。

嘘や不正、だましが横行し、いじめやパワハラも横行し、権謀術数に長けた人でないと生き残れないようになるだろうし、心ならずも信念を曲げる人も出てくるだろう。

果たしてそんな人々に子どもの未来を預けることができるのか?

正しいことを正しいと言えない教師たちに子どもたちの未来を任せていいのか?

次代の担い手の教育を、そんな人々に任せていいのか?

学校も荒れる、教員も荒れる。


自らの会派が過半数を占められるように、議会もリコールするだろう。


まさに彼が言うように独裁。

財政再建したというが、実際は、弱者切捨て。様々な施設も廃止。
これまでに、児童文学館やセンチュリー楽団……他にも様々な、府民牧場とかを廃止したり補助金をカットしたりして、学校の警備員や実習助手も雇い止め、障害者団体、さまざなま援助も打ち切ってきた。

廃止した府民牧場の跡地に、能勢町内の6つの小学校を全部統合してひとつって……

無茶に過ぎる。

まだ6つか7つの子どもが、スクールバスに揺られて数十分も田舎道を……

それってどうなん??

橋下さんよ、自分の子どもがそういう目に遭いそうになったら、あなたどうする??

箕面昆虫館、そう、探偵!ナイトスクープでお馴染みの昆虫館も廃止予定。

今後これらを一層進めようとしたときに異を唱えたらクビ。

まさに彼が言うように独裁。

まあ、色々とちょっと恐ろしいことを感じるなあ……。

こんなことしたら、ますます大阪は元気がなくなるだろう。

不当に解雇された職員などで無職が増えて、景気は悪くなるような気がする。


日曜日に作った豚汁の材料にする予定で買ってきたはずの、
鳴門金時(サツマイモの一種です)、
小さいのが2本余っていたので、
1㎝厚さにスライスして、軽く油で焼いて、塩少々……
軽いおかずになるわ、と思っていました。

ちょっと大学芋風に、
ごま塩なんかパラパラ~

ここまではよかったんですが、
欲が出て、
塩味をもう少し足したい、と……

ところが、ちょっと手許が狂って、

塩が……

ドッバァア~ン(泣)

芋の甘みよりも先に、
塩味が舌にきます(^^;

まえっかぁ。

ま、たまにはこんなこともあらあな。

チャンチャン!!


2011.11.17 ラッキー♪
急ぎの仕事が舞い込んできた。

というより、無理やりひんもいできた、って感がなくもないけど、
とりあえずラッキ~^^

……っつうより、ありがたい、って思わなあかんな、うん。

自分が自分らしく、私が私らしく、人間らしく働きたい……人として当たり前の働きかた……

本当は、正職員で働きたくっても、その口がないから、やむなく非正規雇用で、という人も多いと思う。

そういう非正規のかたがたは正規に。残業とかダブルワークとかしなくても生活できるような賃金に。

また、諸般の事情で非正規を希望していても、最低賃金はたとえば時給1,000円にして、若年雇用奨励金制度も盛り込んだ、公契約条例、などが作られるといいな。

中小・零細企業の下請け単価引き上げと、融資制度などの拡充は大阪を元気にする。
大阪には、中小・零細企業も多いから。

大企業はその体力を活用して、雇用を増やしてもらうと、景気回復に繋がる。

35人学級を拡大し、よりきめ細かい、目の行き届きやすい学校にして、一人ひとりの子どもたちが確かな学力を身に付けられるように。
→保護者の心配事も少なくなる。

保育所や支援学校の新設・増設
→働きやすい大阪になる。

学校耐震化は2014年度までに完了し、住宅耐震化予算を20倍にして、梅田北ヤードに避難場所を設置。
→雇用の拡大、景気回復へ。

また、全国でも最低レベルの中学校給食実施率、これを完全実施できるようにする。
→都市近郊農業の活性化、地産地消推進で府内食糧自給率の向上。
余談だけど、先週食べた泉州水ナス、メッサ美味かった~

また学校警備員補助も復活。
→安全・安心な学校に。

障害者団体への補助金も復活。

周知のように、一旦事故が起こったら大変なことになる原発、これは廃止できるように、太陽光発電システム設置への補助制度の創設。
住宅だけじゃなく、学校や公共施設へも拡充。

国保料は引き下げ、子どもの医療費助成は中学校卒業まで拡充。
→家計に優しい。

……あんまり理路整然としてないけど、そんなことを思った。