上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.01.22 評判
食べログのやらせが発覚したのは記憶に新しい。

ところが今度は化粧水のクチコミもやらせが発覚した。

以前、行列ができるからと言って、必ずしも美味い店かどうかは行ってみないことには分からないと……確か5年以上前に書いた記憶がある。

あ、あった。

http://paix31415.blog6.fc2.com/blog-entry-237.html
作られた流行、あるいは作られた行列、作られた人気。

歌手やアイドルだってそういうのはある。

テレビやラジオの歌番組が全盛期の頃、芸能プロやレコード会社が売り出したい歌手のリクエストハガキを1枚いくらで書くというバイトがあったらしい。

いつでもこういうのは消えないな。

音楽媒体がマスコミやレコードからCD、そしてネット配信のDL、と形を変えても、まだそんなのもある。

つまり、レコード会社や芸能プロダクションが、学生バイトを雇ったり日雇い派遣業者に依頼して、1人で同じ人の同じ曲を数十回DLするということもある。

具体的に誰かはここでは書かない。

勿論、飲食店や化粧品メーカー、あるいはアーティスの全部が全部、そういう、やらせ手法を使ったと主張する気はさらさらない。

要は、人気が出ているからとか、多くの人が高評価をしているからとか、行列ができているからとか、そういうものを絶対視しないで、自分の感覚をもっと信頼しよう、ということを言いたいだけだ。

味とか香りなんてはっきり言って好みの問題だし、聴いていて心地よい音楽かどうかだってその人それぞれだし、ね。



スポンサーサイト
2012.01.22 暖冬??
気のせいかも知れないが、何だか今年の冬は、昨年や一昨年の冬に比べて、少し気温が高いように感じる。

ま、まだ1月下旬だからかも知れないが……

自室付近を歩くと、なんだか梅の花のような香りが漂ってくるし、また梅ではない花の芳香も漂っていたりする。
ググってみたが、マンサクでもレンギョウでもなさそうだ。
去年も一昨年も、こんな時期から花の香りなんて……確かしなかったように思う。

昨年の冬は、窓の結露が凍ったし。
また一昨年の冬は、終日外出して深夜に帰宅したりすれば、室温が8度しかなかったこともある。

でもこの冬は、室温が何もしないでも今のところ12度を下回ることはない。


大体15度くらいか。それだけあったら暖房は入れない。
風呂上がりなんぞは暑いので、しばらくはすっぽんぽんでいるし、数分間だけ窓を開けてもいる俺って…ちょっと変かも。

14度か13度を下回ると暑がりな俺でもちょっとだけ暖房を入れる。

いやいや、待てよ、そういえば……去年は洗濯機が壊れていて、洗濯も乾燥もコインランドリーに行っていたんだったな。

今年はといえば、乾燥機をかけている。
そうすれば、室温が少し上昇するので、暖房が不要もしくは軽減できる。
乾燥気味な冬だが、この時期、室内干しだけでは完全に乾くまで2日くらいかかる。
扇風機を使うとかなり時間短縮できるのだが、やっぱり寒い風が吹いてくるのはねえ、この時期はちょっといただけないな。
春夏秋はそうしてる。
特に夏なんかはエアコンかけて扇風機を少し強い風にして……たった1時間少々でOK(@_@;)!

春秋(最近短くなったなぁ……)の、冷暖房のいらない時期には、窓を開けてそちらに向けて風を送る。

……でも本当に寒く感じるのはこれからだよなあ。
油断しないように気をつけるとしよう。

私が子どものとき、いわゆるハーフサイズのカメラを家では使っていた。
ネガフィルムのひとコマ分に二つの画像が入るものだった。
メーカーは確か、CanonかNikonだったか。

そのカメラには随分とお世話になった。

小学生の頃、いわゆる「スーパーカー」ブームがあり、車の通行量の多そうな場所に出かけては珍しい車の写真を撮ったりしたものだ。

中学生のときには、いわゆる遠足や校外学習などには持っては行かなかったが、なぜか修学旅行だけはカメラ持参OKだった。

信州の美しい自然、白樺湖、白糸の滝、志賀高原……などを撮影した。

高校生の頃には、電車であちこち出かけるのが好きだったので、結構色んな写真を撮った。

桜の咲く時期には、嵐山、造幣局の通り抜け、天龍寺の美しい庭、夏には祇園祭の山鉾……
そういった、数多くの風景などを撮った。

そのカメラは、いわゆるマニュアルカメラで、絞りやシャッタースピード、フィルム感度も全て自分で調節しないといけないものだった。

だからちょっと距離感を間違えると、たちまちピンボケの写真ができあがる。
そのときの明るさを考えずにシャッタースピードを調節すると、明る過ぎたりあるいは暗すぎたりと、ちょっとおかしなネガができたりした。ポジにする段階で調節してくれたが。

たまに、フィルムの巻きつけに失敗し、ギアに咬ませずに写真を撮りまくって、真っ黒けのものしかなかったり。

またあるときは、レンズのキャップを外し忘れたままで撮りまくって、フィルム1本おじゃんにしたり。

今世間で一般的に使用されているデジカメなんかだとそんなミスは起こらないんだろうな。

あ、因みに今私はデジカメを持っていないので、画像撮影が必要なときには携帯のデジカメ機能を使う。


大学生の頃には、父がハーフサイズではないカメラを買ったので、それが我が家では使用された。
これはオートフォーカスで(いや、昔の言葉で言えばバカチョンカメラというのだが、それは差別表現ということだろう)、色々な調節が不要な、便利なすぐれものだった。撮影日時も写し込むことができた。

しかし一応、画面の中心に存在するものにピントが合うような設定になっていたようで、主な被写体を画像の周辺部に置きたいときなどはやはりピンボケになったりもした。

本当はそのオートフォーカスを末永く愛用したかったのだが、いつの間にかデジカメが普及し、今となってはフィルムを現像してくれるところはほとんど見当たらなくなった。

だからネガフィルムとのお付き合いは20年以上なのだが、その殆どがコダックだったと思う。

他のメーカーのも、例えばサクラとか富士フィルムとか、何回かは使ってはみた。

メーカーによって、発色には微妙に差があり、確かサクラは暖かみのある色合いで、赤や黄色、橙などの暖色系の鮮やかさが私には印象深い。

一方コダック製品は、どちらかと言えば暖色系には強くなく、全体にやや青みがかったような色調だった。その、少しブルーがかった色合いが私は好きだった。

印画紙も、確か昔は光沢、半光沢(石目)、シルク、と……幾らかは選択肢があったような気がする。
最後にネガフィルムを現像に出したときは、もう光沢しかできないと店では言われた。

写真フィルムの草分け的存在だったKodakが飛んだというニュースに、一抹の寂しさを感じた。
地元の組合の旗開きで、まぁ、つまり飲み会でんな。

食べ過ぎず、飲みすぎずで、丁度ええ酔い加減です^^

買出し担当だったんですが、仕入れた食材はほぼ綺麗に片付き、
残りを持ち帰ろうと思って持参した弁当箱は……
全あぁったくく出る幕がありませんでした^^

おぉ、素晴らしい!!♪

需要と供給がこんなにピッタンコだったのは初めてです。

ま、後で、足らんかった~って不満があるかも知れませんが、
余るよりもはるかにマシです。

あ、でも金麦と淡麗は4本持ち帰りました。

どうなったかって?

今飲んでます……(^^;

あ、そうそう、タイトルにあるのは、言うまでもなく、
フォーク・クルセイダーズの

「帰ってきた酔っ払い」

のパクりです~

あ、臨死体験もしてませんし、階段も登ってませんし、
キレイナネエチャン?!にも会うてませんよ~

ほんなら また~(^^)/
もうちょっと時間がかかると思っていたお引っ越しが早々に済んだので、
結構膨大な過去記事を整理しています……(^^;

意外と……大変。

リンクもURL入ってなかったし、絵文字はそのサイトのタグのまんまだし、
でも細かいところは取りあえず置いといて、先にカテゴリーから
着手。

だからメンテっていうのは、FC2がメンテしてるっちゅうんやなくって、
僕個人がメンテしてまっせ、ってことです。

ま、ぼちぼちやるかぁ……

終わるのいつになるのやら。ふぅ~




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。