上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.12.03 アーツが……
K1の今年のフィナーレが終わった。
アンディ・フグ健在の頃を知らないので新しいファンの1人だが、ここ数年、たった1日でこれだけ大波乱の起こったことはなかったと思う。
リザーブファイトでの勝者ーピーター・アーツーが決勝へと駒を進めたこともそうだし、そもそもの原因となったのはレコ対ボンヤスキー戦。
2度にわたって急所にキックの当たったボンヤスキーのドクターストップとレコのダメージ。
ボンヤスキーは特に2度目のとき、苦痛に顔を歪めていたその表情は、いまだかつて彼がKのリングでは見せたことがないものだった。
次の試合に出られるかどうか誰もが心配していたが…。
1つの試合で2度もヒットしてしまうこともなかったと思う。

一方アーツはシュルト相手によく頑張った。

結果はシュルトの判定勝ちだった。
ホーストやバンナ、アーツといった超ベテランファイターよりも新興勢力の方の活躍が最近めざましいなかで、当然の成り行きかも知れないが、少し寂しく感じながら観戦を終えた。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paix31415.blog6.fc2.com/tb.php/127-7f19ed3f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。