上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近畿地方は、台風が過ぎ去った。台風一過……

子どものときは、台風パパと台風ママ、台風兄ちゃんと姉ちゃん、台風弟と妹……
つまり、台風ファミリー、と思ってた(笑)アハハ~

でもこんな時期に台風なんて、学校の終業式とかできなかったところ多いんじゃないかな。

ん??学校は夏休みに入ってるんだ、そう言えば。

夏休みといえば、む~ぎわ~ら~ぼうしは~……で始まる、吉田拓郎さんの唄。

実はこの唄、少年時代の過ぎ去った夏休みの思い出を唄っているものとばかり思い込んでいたんだけど、
先日面白い解説を聞いた。

この私にとっての新解釈は、実は台風の影響である大切な用事がなくなる可能性があったので、テレビのニュースをあちこち視て回っていたときに偶然飛び込んできた。

姉さん先生も、田んぼの蛙も、みんな、原爆、放射能で消えてしまった……

そういう解釈は全くしていなかった。
確かに吉田拓郎氏はヒロシマの地で大学時代までを過ごし、ヒロシマにゆかりのある方である。
だから反戦・平和を唄ってもなんら不思議ではない。

なるほど、そういうふうに読めば、喪失感とその悲しみも、美しいメロディに載せられて心に入ってくる……

7月も下旬になると、もうすぐ8月6日、9日、15日が来るなあ……と、毎年のことだけど思う。

そう言えば、今年は梅雨明けがやけに早かったからか、それとも梅雨の雨量が少なかったからか、あるいは昨年の猛暑で沢山死に絶えてしまったのか……
梅雨明け以降もやけに蝉の声がおとなしい。木陰のクマゼミ、どこ消えた??

例年なら梅雨が明けた途端に、猛烈な勢いで鳴き出すのだけれども、どうも今年は蝉たちが静かな気がする。

近畿だし震災で壊れた原発のせいなんかではまさかないだろう。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paix31415.blog6.fc2.com/tb.php/134-4799931c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。