上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
探偵!KnightScoop!を見終えてから短いニュースを見て、ある女性団体が大阪の難波・高島屋前で赤紙を配布していたことを知った。
よく考えてみれば、太平洋戦争が起こってから65年、そしてビートルズファンには忘れられないのが26年前のことだろう。

戦争は多くの尊い人命を奪う。
そしてそれは人類の智恵が進化するにしたがって、いっそう量・質ともに大きく変わり、一度に何十万もの人命を奪うことすら可能な兵器「核兵器」を生み出した。
そしてそれらは、61年前の日本に2度、投下された。

開発に携わったスタッフの中には、自分の研究成果がこのような悲惨な使われ方をしたことに悩み、核兵器をなくす行動に取り組んだ人もいた。
一方で、数式や計算にしか興味がなく、その結果がどう使われようとも構わない、と思っていた人もいた。
(勿論、人によってその仕事観や人生観がちがうのは当然のことだし、どう思おうともそれは自由である。だがしかし、人の生きる自由と権利を奪ってしまうようなかっこ付きの自由は本物ではないと思う。)
故ジョン・レノンは彼(彼ら)の多くの作品(つまり仕事)の中で、愛すること、平和のこと、自由、そういったことの大切さを訴えていた。
自分自身も、自由を愛し、平和を愛し、他人と自分の生命を大切にする気持ちをより一層強く持ちたい。

そして、故ジョン・レノンと太平洋戦争の多くの犠牲者の方々のご冥福を祈って……合掌


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paix31415.blog6.fc2.com/tb.php/137-28439473
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。