思ったことを思ったように書きます。

橋下知事の暴言

 橋下大阪府知事の暴言には呆れるものがある。
 言っても分からない子どもには体罰しても構わない……という趣旨のことを言った。
 学校教育法でも、いや、その施行規則だったかな、体罰は禁止されている。
 法律できちんと禁止されていることに真っ向から挑戦する発言、あるいは知らなかったとは言わせない。なぜなら、一応「弁護士」法曹界のはしくれなんだから。もし「知らなかった」なら不勉強も甚だしい。

 言っても分からないからといって安易に体罰を容認するのは、換言すれば子どもを人間扱いしていないのと同じだ。動物を調教するのと同じだ。
 体罰が行なわれてしまうと、教師と生徒・児童の間の信頼関係にはひびが入る。下手をすれば失われてしまうかもしれない。子どもの気持ちには恐怖心が植えつけられるだろう。
 子どもからすれば、教師は権力なのだ。成績表、という形で評価する、職場で言えば直近の上司と言い換えて差し支えないか…あるいは若干私の喩えには語弊があるかも知れない。その上司が部下に手を出したら、これは立派なパワハラである。夫が妻に、あるいは妻が夫に暴力をふるったら、権力関係の違いこそあれ、これはDVであろう。
 暴力は止めようという世論がこれだけ広まってきているというのに、その精神に真っ向から挑戦する橋下徹さんに、一度聞きたい。

 もしあなたの子どもたちが、学校や幼稚園で先生に殴られたら、どうしますか?と。

 「言っても分からないうちの子をよくぞ殴ってくれました。ありがとうございます。」と感謝の意を表明するんだろうな、当然この人なら(笑)。
 あるいは「多くの親」みたいに、やれ「体罰だ」と言って問題にするのか?
 いやいや、きっと彼の問題発言について、再考される絶好のチャンスだと思うんだけれどもな。
 ところでしかし、学校現場あるいは保育の現場で子どもに対する体罰が駄目な以上、私は橋下徹の子どもも体罰を受けてはならないと思うし、そもそも私が体罰禁止論者であるが故に、先の仮定自体が矛盾であることも百も承知だ。

 大体この人は教育問題については不勉強だし、教育委員会のことを罵倒して問題になったのにも驚いていたが……。教育委員会が良い悪いは別として、長年教育行政や財政に携ってきたわけでもない橋下知事が先輩方のことをクソ呼ばわりすることは全く言語道断である。それに長幼の序というものもあるだろう。マスコミは「風雲児」なんて持ち上げたりしたけれども、私に言わせたら…礼儀知らずで青二才の若者で、全く知事なんかの器じゃない。

 繰り返して、言う。
 体罰は、絶対にやっちゃ駄目だ。
 そこには教育の放棄しかない。
 人間としての子どもを、人間として信頼しよう。
 それが原点だと私は思う。

 

スポンサーサイト
コメント
これはね・・。
非常に難しいものがある。
その先生の資質だろうね。
普段は、きちっと言葉で言う。
でも、どうしようも無い時。
あってもいいんじゃないかい?
僕もやられたんだけど・・。(^^;
強力な思い出になっていて、でも、その先生を恨んでもいない。
むしろ、僕がバカやったなぁって・・。
その先生と何年後かに会ったときも別に普通に会えたし。
そういう風な事を感じられる子に育てる親の教育も大切だと思う。
教育は、家庭、学校、地域一体化しないとダメだと思う。
それよりも、そんな面倒な事考えたくない世の中であって欲しい。
2010/08/14(土) 23:01 | URL | かある #fbgap6OE[ 編集]
かあるさんへ
ご多忙な中、丁寧なコメントありがとうございます。

>そんな面倒な事考えたくない世の中であって欲しい

最後の一行にかあるさんの想いが凝縮されているように思います。
2010/08/14(土) 23:38 | URL | paix31415 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

paix31415

Author:paix31415
2008年秋に発達障害とわかり、以後色々と紆余曲折を経て、自らの障害を受容、肯定し、前向きに生きています。 発達障害のこと以外でも、世の中のこと、社会、平和、政治、家庭、人間関係、趣味や特技などなんでも広く考えたいと思います。

更新はなかなかできないかもしれませんが、徒然なるままに、それらのことを含めてときには恋愛話やエッチな話もアリ!?色々な私感・雑感を書いていきたいと思います。

記事の内容(文章及び画像)を引用や転載される場合は、事前にご一報下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター