自分が自分らしく、私が私らしく、人間らしく働きたい……人として当たり前の働きかた……

本当は、正職員で働きたくっても、その口がないから、やむなく非正規雇用で、という人も多いと思う。

そういう非正規のかたがたは正規に。残業とかダブルワークとかしなくても生活できるような賃金に。

また、諸般の事情で非正規を希望していても、最低賃金はたとえば時給1,000円にして、若年雇用奨励金制度も盛り込んだ、公契約条例、などが作られるといいな。

中小・零細企業の下請け単価引き上げと、融資制度などの拡充は大阪を元気にする。
大阪には、中小・零細企業も多いから。

大企業はその体力を活用して、雇用を増やしてもらうと、景気回復に繋がる。

35人学級を拡大し、よりきめ細かい、目の行き届きやすい学校にして、一人ひとりの子どもたちが確かな学力を身に付けられるように。
→保護者の心配事も少なくなる。

保育所や支援学校の新設・増設
→働きやすい大阪になる。

学校耐震化は2014年度までに完了し、住宅耐震化予算を20倍にして、梅田北ヤードに避難場所を設置。
→雇用の拡大、景気回復へ。

また、全国でも最低レベルの中学校給食実施率、これを完全実施できるようにする。
→都市近郊農業の活性化、地産地消推進で府内食糧自給率の向上。
余談だけど、先週食べた泉州水ナス、メッサ美味かった~

また学校警備員補助も復活。
→安全・安心な学校に。

障害者団体への補助金も復活。

周知のように、一旦事故が起こったら大変なことになる原発、これは廃止できるように、太陽光発電システム設置への補助制度の創設。
住宅だけじゃなく、学校や公共施設へも拡充。

国保料は引き下げ、子どもの医療費助成は中学校卒業まで拡充。
→家計に優しい。

……あんまり理路整然としてないけど、そんなことを思った。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paix31415.blog6.fc2.com/tb.php/171-25b4b8df