上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あまりニュースでは大々的に取り扱われなかったように思うのだが、75歳以上の方々対象に新しい医療制度ができることになっていた。
「後期高齢者医療制度」というのだが、この内容のひどさにあきれてしまった。

現在加入している保険(国民健康保険、あるいは社会保険の被扶養者)から外して、別の保険証を発行、そして保険料は年金から源泉徴収、また、診察時の診療報酬の点数体系も別。

75歳以上の方々の負担が増えることはほぼ確実だし、診療報酬が従来よりも低くされると、本来そうあってはならないのだが、この対象の方々の診察や入院を嫌がる医療機関がでてきてもおかしくはない。となれば、ますます病院への足がとおのく。

この法律を考えて、あるいは通してしまった人らにとっては、自分達もいつかは老いるということがわからないのかなあ。あるいは、この負担増なんか彼らの収入からすればなんともないから一般人の感覚がわからないんだろうな。消費税がスタートしたその日に、故竹下氏が「税の痛みを知った」って言ってたけれど、アンタ50万円のネクタイ買って1万5千円の消費税払って、その辺が一般国民とずれてるよ、って当時思ったけれど、今も昔もそうなんだな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paix31415.blog6.fc2.com/tb.php/196-8db565a3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。