思ったことを思ったように書きます。

誤った発達障害論

4月21日の「クローズアップ現代」、発達障害のひとつのアスペルガー症候群について
取り上げていて、概ね賛同できるものであった。

しかしこういったかなり良質の番組がある一方で、驚くべき情報が流布されているのもまた現実だ。

ある仲間がブログで取り上げていたことで初めて知ったけど……

何だ?これ。ひどすぎるぞ。

ソースはMSN産経ニュース。

あらかじめ言っておく。この記事、間違っている。
タイトルだけ見たら「あ!!良いこと言うてはる!」ってイメージだけど、読んでみるとすごかった。

アスペルガーや自閉症などの発達障害は、決して親のせいでも子育てがいけなかったわけでもない。本人のせいでもない。
だから読者の人たちは誤った意見を鵜呑みにしないでほしい。
以下、イタリック体部分は記事からの引用。

http://sankei.jp.msn.com/life/education/100419/edc1004190041000-n1.htm


【解答乱麻】明星大教授・高橋史朗 豊かな言葉がけ見直そう


 さいたま市教育相談センターの金子保所長によれば、同市内の6つの幼稚園で2歳で発語がないか、言葉が増えない子が半数もいることが保護者への調査で判明した。 埼玉県教育委員会が平成17年に発表した調査によれば、通常学級に在籍する特別な教育的支援の必要な子供は、小学校で11・7%に及んでいる。

 金子氏によれば、発達障害の子供の不登校や軽度の自閉症の子供が増えており、予防により施設やスタッフにかかる予算面など莫大な効果が期待できるという。

→予防だと??風邪か何かの病気みたいに思っているのか?
または、予防して経費削減だと?笑わせるんじゃね~よ!!
生まれつきのものをどうやって予防するの??

 ちなみに、特別支援を要する子供が1割を超えるアメリカでは、障害者法によって、障害の程度と性質を勘案した個別プログラムが策定され、それに準拠した教育サービスの提供が義務づけられている。

→うんうん、それ自体は良いことだ。

そのための教育予算の不足が問題になっている。

→ん??発達障害の子どもや特別支援を必要とする子どもにかける金がもったいないってことかぁ??

 金子氏の実践によれば、発達障害は2歳までに発見して対応すれば治り、3歳までなら5分5分、4歳以上では困難になるという。

→あのな~、発達障害っていうのはね、病気じゃないんだよ。
先天的な障害で、薬とか治療で治るものじゃあないんだよ。
これじゃあ、親が発見と治療を怠った、って言いたげだね。
小泉の自己責任論みたいな香りがプンプンするぞ。

 脳科学に基づいて発達障害児を治療指導している澤口俊之氏は、発達障害は、「HQ(人間性知能)障害症候群」で、HQを伸ばす方法によって、ADHD(注意欠陥多動性障害)は確実に改善すると断言している。(澤口・金子氏ら共著『発達障害を予防する子どもの育て方』メタモル出版)。

 玉川大学脳科学研究所の塚田稔教授によれば、自閉症は「治らない」とされてきたが早期発見による週30~40時間の集中治療で約半数が治ることが分かった。


→大人の発達障害に対しては「だからあんたは手遅れだ」という残酷な言い草だな。
それに、ADHDを含む発達障害は成長するにつれてその障害特性が目立たなくなることも多い、っていう特徴もある。


 発達障害児にテレビやDVDなどのない生活を用意し

→テレビやDVDが悪影響を及ぼすということか?発達障害の有無にかかわらず、1日中テレビづけやゲームづけが良くないことは明らかだけど。


豊かな言葉がけを行うよう保護者に指導したところ、大きく改善した。

また「あやし」「笑わせ」「たかいたかい」などを実施したところ、子供が喜び、言葉が出て、人間性が回復することもわかった。


→発達障害があろうとなかろうと、メディア漬けの環境から親子のコミュニケーションが濃密な環境に変れば子どもが急に変化するのは分る。
障害の有無に関係なく、親からの愛情のこもった声かけが大切なのは言うまでもない。
また、年齢を重ねることによる成長と発達の範囲内だったことも考えられる。
それに……まるで発達障害児は人間性がないとでも言いたいのだろうか?

それに、たまたま被験者たちとしては……それまでそのきちんと声かけをしていなかった保護者たちや子どもたちばっかり意図的に集めたりした可能性もあるぞ。この書き方からすると。

子どもには知的な体験が必要なんだよ。
声かけだって、子どもが喋れない時期でも、できるだけ正しい発音で、正しい構文で、しっかり語りかけていくこと、愛情溢れた眼差しで接すること、それが必要なんだよ。
子どもが発達障害あろうがなかろうか同じだ!!

このような昔から日本人が当たり前に行ってきた伝統的な子育てや「普通の環境」を取り戻すことによって、2歳までの早期に治療指導を行うことが、発達障害の予防になり、この「金子式治療指導法」と澤口氏のHQを伸ばす脳科学理論は「きわめてよく一致」すると同書は述べている。

→「普通じゃない環境」って何?環境で発達障害が起こるとでもいうのか?
それに、やっぱり「治療をしない親が悪い」「予防をしない親が悪い」……って、なってくるじゃんよ~!!

 あいち小児保健医療総合センター心療科の統計では虐待を受けた子供の57%に発達障害が認められ、広汎性発達障害(自閉症とアスペルガー症候群)が25%、ADHDが23%と報告されている。

→虐待が発達障害を作るんじゃあない。発達障害の子育てはそれ自体大変で、障害のない子どもの親に比べて平均3倍近いエネルギーを消耗するんだよね。
虐待は絶対反対だ。でも、ニワトリ卵じゃないけど、子どもの発達障害の特性からくる様々なストレス、あるいは子育ての苦労のため、子どもに当たってしまう親が多いと僕はみている。それに今ストレスの高い社会だから昔に比べると余計にそうだ。

10年で6倍に急増している虐待が発達障害に与える影響の大きさに気づかせ、虐待を防止するための「親育ち」支援に国を挙げて取り組む必要がある。

→むしろ問題は「虐待」が発達障害を引き起こすとしている、この論理だ。
虐待防止の親育ち、それ自体は大切かもしれないけれども、親が子どもを虐待したくなるような社会を先になんとかしないといけないんじゃないのか?

つまり誰に対しても優しい社会にする方が先決ということだ。

そっちの方には目をつぶってでも、親のせいにしたいのか?

世の中をほっといて、親のせいにしてハイ終わり、ですか?

この人の意見には、世の中や社会状況に対しても目を向けるという姿勢が全く欠落している。

人間の意識とか認識、つまり人の心とか感情、理性、そういったものって社会の状況を如実に反映しているんだよね。荒れた世相だと人心もすさんでしまうし、平穏平和な世の中だと人の気持ちはおおらかでゆったりとしてくるはずだ。

この人の論理だと、結局のところ、早く発見して治療しろ、コスト削減に協力しろ、それができない親は悪い親……親を追い詰めるだけだ。

ひどすぎるよ……あんた。

親の立場になってみろよ。

 日本保育協会の調査によって、発達障害児への「対応方法を保護者に指導できる能力が重要」であり、早期発見・支援や個々の子供に対するケアのあり方についての研修が課題であることが明らかになった。

→それ自体は悪いことではないが、どんな対応をするのか、どんなケアをするのか、それが問題だ。間違った対応やケアならしないほうがいい。

 伝統的な子育てを見直す「脳科学に基づく親学」の普及によって、保護者や保育士にこうした発達障害の予防、早期発見・支援のあり方や脳科学に基づく知見や情報を一刻も早く伝え、発達障害の予防に全力を尽くすことが急務といえる。

→伝えなくっていい。誤った理解と認識は広めないでくれ。
 
発達障害そのものは治らない。だけど鬱とか情緒不安、パニックなど、それに起因する二次的障害を軽くしたり治すことはできる。

勘違いしているんじゃないか?

アスペルガーや自閉症などの発達障害は、脳の障害であって、親の子育てが悪いわけでも、本人のワガママでもない!!

発達障害の子どもを持つ保護者の方々、親御さん、どうかだまされないで下さい。

あなた方の子育てのせいじゃないんだから。


追伸;この記事UPするの、ちょっと勇気がいりましたが、あまりにひどいと感じたんで思い切って書きました。
また、僕個人の意見であることも明記しておきます。
スポンサーサイト
コメント
paiさん、よく書いてくださいました。
私もいらいらっときてたんですが、
うまく文字化できませんでした。
それを、こんなに・・・。
ありがとうございます。すっとしました。
2010/04/29(木) 08:33 | URL | まほろ #-[ 編集]
この高橋先生、こんな顔もお持ちです。

『一般財団法人 親学推進協会』理事長
http://www.oyagaku.org/

私のブログのほうでも改めて書きますが。
回りまわって、この法人をもっと儲けさせたいのかなぁ、なんて思ったり(笑)
2010/04/29(木) 13:47 | URL | はらぺこるい #b0Az6GLM[ 編集]
お二方へ……
お2人さまへ

コメントありがとうございます。

本当はね……まだまだ書き足りんのだわ。

でも、発達障害のことに特化して、と思ったらこの辺までかな、って……。

それにね……この先生の横顔も色々調べてみると……色々とありますね。

また、記事に登場されてるS氏に関しても、
なんだかかなぁ……って思います。

そこそこ急いで書いたので結構荒削りだし、過激な表現もあることは自分でも認めます。

それに、Rさんみたく確かに「何か裏があるんじゃないか」と勘ぐりたくなる気持ちも分ります。

まとまらなくなりそうなんでこの辺で失礼しますね。
2010/04/29(木) 19:08 | URL | paix31415 #-[ 編集]
こんにちは。連絡ありがとう。
この文章ほどひどくはなくても、「治る」っていう誤解は多いよね。
「発達障害の特性と付き合う方法を身に付ける」ことは、「治る」こととは違うのにね。

どんな物事でも、目にした物をそのまま信じるのは怖いことだなって改めて思ったよ。
どんな物事でも、サイコロのように、視点を変えれば別の姿が見える。
メディアに出ていることでも、偉い先生の言っていることでも、そのまま鵜呑みにしてしまうんじゃなくて、一歩引いて色々な角度から見てみなければ、真実は分からないね。
この先生の言葉を信じて傷ついている人もたくさんいるのかもしれないなって思うと、心が痛むよ。
2010/04/29(木) 20:47 | URL | 申ももこ #-[ 編集]
私も、この記事を読んで知っていたのです。
前近代的というか、いまさら何を言っているのか、人間性を疑うような話です。
あんまり真面目に考えると、自分がしんどくなるので、この程度の人には馬鹿にするだけで終わっておきます。
2010/04/29(木) 21:00 | URL | kyoto #-[ 編集]
お2人さまへ。

コメントありがとうございます。

世の中には色んな考え方の人がいて、こうや、といえば、せやないで、という人がいても当然ですよね。

物事には多面性があります。
おっしゃる通りです。
でも、その一部分だけを取り出してどうこういうのは果たして正しいのかどうかとなると……1の裏には6があり、2の裏には5がある……視点を変えることが必要ですね。

最初僕はこの記事を読んだときに、腹が立ったけどスルーしようと思っていたんです。

でも、何度も読み返すうちに、残念ながら僕は、馬鹿にするだけで終われるほど人間ができていませんので……ソーシャルスキルも備わっていないということでしょうか……怒りがこみ上げてきました。
確かに…がぶり四つでやろうとすると、しんどいですよね。適当にスルー……できませんでした。

読み返しているうちに、正直、はらわたの煮えくり返る思いがしました。

読者数や知名度などからみても、はなから勝負は目に見えています。相手はメディア露出も多い有名人、僕は無名の一市民。

また、大学教授の肩書を持つ人と、精神科医や心理士の資格も持たない僕……。
でも、当事者としての立場や気持ちは彼よりもずっと分ると思います。僕が当事者ですから。
……これは書いておかないときっと後悔すると感じましたし、このままでいってしまうことには引っ掛かりを感じたので……
それに、多くの親御さんや保護者の方々が打ちひしがれてしまうのも見ていられなかったので、あえて記事にしましたし、そんなわけでちょっと勇気が要りましたがKさんのブログにもリンクを貼らせて頂きました。

続編も書こうかとも思っていたんですが、正直そこまでは無理です。

おやすみなさい。
2010/04/29(木) 23:56 | URL | paix31415 #-[ 編集]
極端な発想ですなあ
発達障害の「予防」…なんだか本当に「病気」として扱っていますよね。
早期発見、早期療育が良い事はわかりますが、
早期だと発達障害が「治る」と言う物言いは理解し難いです。

DVDの事にしても、一時期「ゲーム脳」と騒がれた、
あの極端な考え方と似たものを感じます。
そんな無菌状態で育ったからと言って、結局は社会に出て行くと、
たくさんの刺激を受ける事になりますし…

コスト削減、コスト削減…なんだかおかしな方向に行っちゃってますね。
2010/04/30(金) 00:16 | URL | まゆイヌ #-[ 編集]
まゆイヌサンへ
まゆイヌさまへ

コメントありがとうございます。

最初徹底論戦を挑もうかとも思ったんですが……(^^;

あまりにも完膚なきまでに叩きのめすと後々がね……それに閲覧数もはなっから違うし、勝負にもなりゃしねえ。でも、書きたいことを思ったように書きたかったし……。

でも、ちょっと手加減はしてみました。

それにしても「治る」という視点は明らかにおかしいです。

政治的思想的背景にまでことが及ぶと、トンでもない労力と時間がかかるので、それこそKさんの言われるようにしんどくなるんで、話題を絞って書きました。
2010/04/30(金) 00:25 | URL | paix31415 #-[ 編集]
すぐにコメすると過激になりそうだったので、少し、クールダウンしてました。呆れた記事ですね。こんな考えが、どれほど多くの親を苦しめるのか分からないのでしょうか?自分は正しいことを言っていると思っているのでしょうね。

> あいち小児保健医療総合センター心療科の統計では虐待を受けた子供の57%に発達障害が認められ、広汎性発達障害(自閉症とアスペルガー症候群)が25%、ADHDが23%と報告されている。

これは、卵とニワトリの典型ですね。

もし今、「長男の犯罪率(各時代における、犯罪者に占める長男の比率)」というのをとると、間違いなく「年々、長男による犯罪は増えている!」と言う結果の統計になります。で、どこかの教育評論家が「長男の育て方を間違うと、大変なんですよ!気をつけて下さい」なんてやると、世間のお母さんが大騒ぎするかもしれません。

しかし、これ、気づいた方も居ると思うんですが、統計のワナなんですね。取り方とまとめ方の問題なんです。少子化で、兄弟が減っていますから、人口における長男の比率は増えているわけですよ。ですから、どんなものを調べても、その統計に長男が占める割合は、過去よりも最近の方が増えるわけです。そこを利用して、まことしやかな記事を書くと、こんな馬鹿な事になるのでしょうね。

書いた記者も記者ですが、認めた編集長がいるわけですから、産経新聞は大恥をかいたことになりますね。呆れた話です。

・・・・とここまでかいて、ちっともクールダウンしてませんね・・・(苦笑。
2010/04/30(金) 13:54 | URL | かなと #6sM7cYP2[ 編集]
すごい記事ですね。
いまだに病気扱いにして治ると語るとは信じられない思いです。
載せてくださって、ありがとうございます。
2010/04/30(金) 19:23 | URL | まぁ。 #HfMzn2gY[ 編集]
お2人さまへ

コメントありがとうございます。

そこそこ発達障害のことを理解しようと思っている人々の中でも、いまだに「病気」とか思っているふしがあるのは残念なことですね。

確かにある意味でスゴイ記事です。呆れます。

ニワトリと卵、統計のワナ、矢印の向きを変えるだけでこんなにも「科学的」であるかのように見えてしまうのが残念でなりません。

なんだったら一般の心理士のかたや精神科医のかたの下で、WISCのBefore-Afterとか見てみたいです。ディスクレパンシーがなくなったとか……。

私は産経を購読してはいませんが、ネットで検索したところによると、この先生、おおよそ月1のペースでこの類の記事を掲載してはるそうですね(@_@)

巨大メディアの堕落ぶりには目を覆いたくなりますね……

あと個人的には……う~ん、そうですねぇ、産経だからむべなるかな、とも思ってしまいますが……

2010/04/30(金) 23:50 | URL | paix31415 #-[ 編集]
あきさまへ

コメントありがとうね。

僕が言うのもなんだけど、確かにちょっと……勉強不足の感は否めないね。

目隠し……うん、分るよ。

親が悪い、保護者が悪いというのじゃなく、可及的速やかにきちんと対応すべきというのもよく分る。
だけど、現状ハード面(支援センターなどの公的機関や施設・設備など)とソフト面(発達障害専門の精神科医、支援者など)の両方が不充分な日本で、この部分の拡充が喫緊の課題だと僕は思う。

発達障害についての認識が拡がるにつれ、潜在当事者が顕在化して、当事者はどんどん増えていくからね。
2010/05/01(土) 00:48 | URL | paix31415 #-[ 編集]
(あきさんからのコメントをここにコピペします。)

教えてくれてありがとう。治るものだったらとっくに治しています。折り合いつけてやっていくしかないから仕方ないです。

この手口は財界が自分たちのやっていることから目をそらさせるためによくやることだから。それをわかっていても自分の親に重大な責任があると言うけどね。自分の親も社会の被害者というのは否定しない。

経済面で書かれていることについては、社会保障費の対策というのは必要なところです。それを論じる前にちゃんと発達障害の勉強をして、現場見て来いといいたくなります。

発達障害を治して数を減らすというのではなく、いい対応をして二次障害に追い込まれる人たちを減らす。それを元に二次障害の通院や薬で使われる費用の低減に結びつけるのなら納得できると思う。

本当に困っている人にとって、どこの責任だとかでやり合っているのはどうでもいい。ちゃんとした対応が今すぐ必要。こういうわけのわからんものを権力が発表することが心を傷つける。

ちょっと考えるところがありすぎて大人しく書くことはできませんでした。
2010/05/01(土) 00:51 | URL | paix31415 #-[ 編集]
この記事読みました。
そもそも、発達障害の脳と定型の脳は別物と考えたほうがよいと、私自身は考えているので、「治る」という表現すら無意味だと考えています。

「青い目」と「黒い目」の違いみたいなもの。
これは「治す」ものじゃないもんね。

とは言え、まだ、こういう記事が
まかり通る社会なのですね。

P.S.私のブログの[お気に入り]欄に
コチラのサイトのリンクを張らせていただきました。事後連絡ですみませんm(_ _)m

2010/05/11(火) 20:30 | URL | しーた #DnkRL.VI[ 編集]
しーたさまへ

コメントありがとうございます。

根本的な無理解には驚く限りです。

しかしこういった「エセ科学」かつとんでもない論述、しかも大マスコミの一角である産経という場所に掲載されている……ということで、心痛めている親御さんも多いと思って、あえて記事にしました。
kyotoさんとこのブログにもURL貼らせてもうたりとか……ね。

リンクの件、かしこまり~^^

あんまし更新しとらんブログですが、どうぞご愛顧下さいね~(^^;
2010/05/11(火) 23:41 | URL | paix31415 #-[ 編集]
総ては・・。
アホな親のアホな教育です!!
これしかないです。

2010/08/14(土) 23:11 | URL | かある #fbgap6OE[ 編集]
かあるさんへ
全くその通りです。
2010/08/14(土) 23:40 | URL | paix31415 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

paix31415

Author:paix31415
2008年秋に発達障害とわかり、以後色々と紆余曲折を経て、自らの障害を受容、肯定し、前向きに生きています。 発達障害のこと以外でも、世の中のこと、社会、平和、政治、家庭、人間関係、趣味や特技などなんでも広く考えたいと思います。

更新はなかなかできないかもしれませんが、徒然なるままに、それらのことを含めてときには恋愛話やエッチな話もアリ!?色々な私感・雑感を書いていきたいと思います。

記事の内容(文章及び画像)を引用や転載される場合は、事前にご一報下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター