2月の日記にミニトマトのことについて書きました。

今年は暖冬だったせいか、冬を乗り切ってくれました。一年草につき、冬越えをすることは珍しいそうですね。

ところがそのミニトマト、早春から次から次へと実をつけてくれたはいいのですが、次から次へと小鳥さんたちの栄養源になっていったようです。

そうするうち、小さな青い実が次の収穫を待っていたのですが、大きくなる前に最近の暑さのせいか、苗本体の下の方の葉がしおれてきて、みるみるうちになんだか苗全体の元気もなくなってきました。

まあ、結構長期にわたって生きてきたんだもの、もう天寿を全うしたっていうことなのでしょう、小さいけれども苗が枯死する前に赤い実を幾つか収穫しました。

なんだか寂しいけど、とにかく、お疲れ様でした!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paix31415.blog6.fc2.com/tb.php/310-8e3da2c3