中国で「ダンボール肉まん」が売られている、と「報道」されていましたね。

当初から「やらせ」ではないかという声も一部あったようでした。

一連の、「肉の錬金術師」による偽装ミートの手口や、中国でのつい最近のニセディズニーキャラやニセ日本製バイクなどの報道も相俟って、てっきり「ダンボール肉まん」の存在を信じ込んでいた人も多かったことでしょう。

やらせ……でしたね。

やらせ、によって視聴者をだますことは断じて許せないという気持ちもありますが……「ダンボール肉まん」が存在しなかったことに私はむしろホッとしています。

だって、いくらなんでもひどすぎますよね、あれが本当にあるんなら。

ん、まてよ、その「やらせだった!」ってニュースそれ自体が捏造……なんてことは……あってほしくないですね。

もっともっとアンテナを磨かないといけなくなりそうです……ゴシゴシ!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paix31415.blog6.fc2.com/tb.php/338-cc290e09