2017/03 ≪  2017/04 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017/05
A Paper Crane
2007/08/08(Wed)
8月9日午前11時2分。

長崎市民にとっては、

この時刻は忘れられないだろう。

長崎の上空にやってきた、ボックスカー。

3日前の広島に続き、

雲の切れ間を狙って、

原子爆弾が投下され、

広島と同じく、

大多数の、罪なき市民が、

一瞬のうちに、

亡くなった。

残された者も、

負傷の後遺症、

放射能の後遺症、

さんざん苦しめられ、

亡くなった。

一命をとりとめた者も、

いつ後遺症が出るか、

恐れおののきながら、生きている。



生きているという、

その喜び、その嬉しさを、

かみしめたい。

実感したい。

見つけたい。

被爆の悲しみや苦しみ、

いつまでも口をつむっていないで、

残された限りある生を、

平和の語り部として。


亡くなった多くの者の、

怒り、叫び、悲しみ、

どれだけ熱かったろう、

どれだけ喉が渇いたろう、

どれだけ生きたかったろう。



彼ら彼女らの、無言の声を、

私から、あなたから、

新しい世代へ、

世界中のすみずみへ、

折り鶴に乗せて、

届けていきたい。




長崎に原爆が投下された8月9日が来ます。

「折り鶴」梅原司平:詩&曲&歌

をイメージして書きました。

原曲の歌詞及びメロディーは↓うたごえ喫茶のび

http://utagoekissa.web.infoseek.co.jp/

からも聞くことができます。



追伸:昨夜は突発事項のためつい今しがた帰宅しました。足跡巡り……今からです。すんません。

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://paix31415.blog6.fc2.com/tb.php/345-7e03feb9

| メイン |