2007.09.12 6年前……
あの日、まだ残暑厳しい中帰宅してきた私は、遅い食事にしようと思って、リビングのテレビをつけました。
時間帯としては、ニューステが丁度始まるときでした。

ピッ!ぱっ*(驚き)*

……ビルが燃えています。
ニューヨークの、ワールドトレードセンタービルの中に飛行機が突っ込んで、もうもうと煙をあげています。

一瞬、本当に報道番組を見ているのか何なのか、わかりませんでした。即座に事態を呑み込めなかったのです。

それはあたかも特撮映画のワンシーンか、ドラマのワンシーンのように感じてしまいました。

冷静になって再考した私は、やっとそれは現実に起こってしまったことに気づきました。

航空機事故?ハイジャック?……テロ?

その時点では色んな可能性があるので何が原因かわかりませんでした。

白い煙をあげながら炎上する、ニューヨークシティの象徴とも言えるこのビル……

あっ!と思えばさらにもう1機、残ったもう1棟に突っ込んで行きました。

……これは、……テロだ……!

かと思えば、ペンタゴンにも……。

この事件で犠牲になってしまわれた3,000人近い(それ以上という説もあります)方々のご冥福をお祈りいたします。

と同時に、こんな蛮行は決して許すわけにはいきません。


またアメリカでは、国内居住者がテロ化するのを予防するという名目のもとに、人種、民族、宗教、年齢、性別などで「こういった方々は危ないですよ」というプロファイリングを行なって物議を醸しているようです。

……私は、これはアメリカ社会に新たな人種差別や宗教差別などを持ち込み、新たないさかいを巻き起こす一因になるのではないかと危惧しています。


9.11テロの跡地には、1棟は既に完成しているらしいのですが、再び超高層ビルやさまざまな規模のオフィスビルが建設中です。

その中の文化施設に、アメリカが過去に諸外国に対して行なった、さまざまな犯罪的行為の反省的展示をしようという動きがあります。テロの犠牲になった方々の祈念施設にしようという動きもあります。
どちらになるのかは未だ決まってはいないようです。








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paix31415.blog6.fc2.com/tb.php/354-f9a21e73