上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この23日、沖縄で、米軍の婦女暴行事件に対する抗議の意味も込めた県民集会が開かれた。

この集会に連帯の意を表明するとともに、先月から書こう書こうと思って書けていなかったこと、これについて順次書き連ねてみたいと思う。
最初に断っておくが、ここで述べることは飽くまでも、私個人の意見である。

?…強姦、性犯罪ということについて。
?…軍隊、平和、日米安保の問題。
?…日本の農業問題について。

まず、強姦とかレイプというもの、これは絶対にいけないこと、というのが私の基本的な立脚点であり、また他の性犯罪についても少しだけ触れたい。

そして、日米安保、これもさっさと破棄するというのが私の考えだ。

最後に、日本の農業については、今すぐに完全に自給自足は無理であるが、将来的にはそうなればいいと思っている。当面は自給率をせめて50%に持っていけるようにしてもらいたい。

……というのが大きな流れである。


レイプということ、これは、絶対にいけない、してはいけないこと。
アメリカ兵だろうが日本人だろうがどこの国の人間であれ、男性が女性を無理やり、力にまかせてセックスしてしまう、これは絶対駄目だ。何があってもだ。
余談だが、昔……とある作家が「女性をレイプも出来ない男性なんて駄目だ」などととんでもない趣旨のことを言って波紋を広げたが、あんな発言は全然駄目だ。
今回の件に限らず、「被害者にも落ち度があったのではなかろうか」的な意見を持っている方もおられるだろう。
だがしかし、私は…合意のない性行為はレイプでしかないと思っているし、どんなことがあろうとも断じて男性は相手の女性の嫌がる性行為を行なってはいけないのだ。見知らぬ相手なら当然だし、たとえそれが愛し合う男女間であったとしても、つまり恋人同士であったとしても、夫婦間であったとしても、だ。
これが親告罪、つまり被害者からの告発なしには犯罪となり得ないので、泣き寝入りしてしまうケースがかなり多いのは周知の事実。つまり、被害者にとってはこれは……思い出したくないことなのだ。だから取調べなどで思い出すのが嫌だから黙りこくってしまうケースが圧倒的に多いと思う。今回の被害に遭われた女性が、そっとしておいてほしい、と言っていたように。
今回のように、レイプというのは、見知らぬ者から犯される、というケースが多いと思われたが、色々と調べてみると、実際は顔見知りによる犯行、あるいは恋人同士や夫婦間でのものも数に含めるとすると……おおよそ数倍以上になるものと思われる。
補足すれば……ここで言う「合意のない性交」というのは……たとえその日に男女共にお互い愛情を感じていて、一杯キスしたい、抱き合いたい、あるいはお互いの生殖器の結合により、究極的にはイキたい、と仮に思っていたとしてもだ、例えばシャワーしてないから後にしてほしいのに、とか、あるいは、きちんとした場所じゃないから嫌なのに、といったことも含めて、だ。
ちょっと厳しいかもしれないが、そういったケースも私は含めたい。

相手との合意ができるまで、ずっと我慢してこそ男だと思う。つまり、どんなに好き合っている者同士でも、タイミングや色々なことでちゃんと合意するまで我慢するものだと思う。
相手が嫌がるのに無理やり……なんてのは男のすることじゃない。
相互に愛情を感じている間柄でも当然そうだと思うし、まして見知らぬ者を引きずり込んで無理やり、なんてのは獣(けだもの)と同じだ。

じゃあ、こんなケースを考えよう。ある女性が例えば露出の多いような美しい衣装を着て、つまり異性の目を引こうとしてかどうかは別にして、そんな服を着ていたとしよう。で、街で見知らぬ男にナンパされ、ホテルに連れ込まれて無理やり、というケース。こういうケースで「あんな色ッぽい服着る方が悪い。」「エッチな服着るのが悪い。」
いやいや、それでも男は勝手にはやっちゃいけない。たとえホテルに来たとしても、急に合意が崩れる場合だってあるんだから、やっぱり男は無理にやっちゃいけない。

また別に、こんなケースも考えられる。例えば忙しい職場で、みんな遅くまで残業していたとしよう。で、男性上司が女性の部下を食事に誘ったとして、その後に「ちょっと疲れたからどっかで休憩しよっか」などと言って……ホテルに行ったと。
ここで世の多くの男性は勘違いをしがちなんだが……たとえ男性が誘ったホテルに女性がついて来たしても、必ずしも全ての女性がだから即セックスしたい、という気持ちになっているわけではないのだということ、これを男性は肝に銘じておく必要があると思う。極端な話、女性からホテルへ行こうと男性を誘ったとしても、したくないときにはしたくないんじゃないかな。
だから、きちんとお互い十分にコミュニケーションが取れる間柄で、で尚且つ合意が出来るまで、セックスというのはしてはならないと思う。

そんな我慢もできない……そんな奴は男じゃない。そんな男のペニスなんか要らん。さっさと切ってしまうがいい。

ついでに言うと、痴漢も下着泥棒もみんな同じだ。
女性が隙を作るから悪い、なんてのは通用しないと思う。痴漢されるような格好をするから、とか、変なところに干すから悪いとか、それは違う。悪いのは性犯罪をはたらく男だ。

それでも、性被害に遭った女性にも隙があった、と思っている人は、やはりいるだろう。
そう主張したい人へ言いたい。もし、あなたが男性なら、あなたの愛する妻が、あるいは恋人が、あるいは娘が……強姦魔にやられて、それでも「お前にも落ち度がある」と言えますか。
もし、あなたが女性で、このような被害にあってしまったら、「私にも隙があった」と、思いますか。
あるいは性被害者の例えば母親だったら、そう言えますか。
絶対に被害に遭わない方法って……ないと思う。確かに色々な防止策はあるけれども、完全なのなんてない。やっこさん複数でこられたら一発だしな。

だがしかし、必ずしも私のように思っている男性ばっかりじゃないんだろうな、とも思う。ホテルまでついて来たらOKだ、とか、嫌よ嫌よも好きのうち、とか、エッチ度の高い服はやりたい証拠、とか短絡的に考えている男性がいるのもまた事実だ。
だから、世の女性たちに言いたいこと……やられそうになったら逃げろ、大声で助けを求めろ、思いっきり相手にパンチを食らわすなり何なりして精一杯抵抗しろ、凛として拒否しろ、拒絶しろ……と言いたいのだが、実際は恐怖で身が凍ってしまい、何も出来ないことも多いようだ。
勿論これらで全て防げるなんて思っちゃいないけど。

また断っておくが、私は決して被害者の落ち度を認めているわけではない。やっぱり何があっても加害者の男が悪い。世の中には、いつでも性犯罪の加害者になりかねない、獣みたいな男も比率としてはそんなに多くはないけど中にはいるから、用心には用心を重ねてほしいと言いたいだけだ。
同じ男性として、そう叫ばざるを得ないのは悲しい限りである。

この逆のケースつまり女が男を……といったことや、男が男を、あるいは女が女を、あるいは複数の男が1人の女を、またそれら以外のケースについては、本題から外れるので勝手ながら割愛させて頂きたい。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paix31415.blog6.fc2.com/tb.php/470-cb9f4a46
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。