思ったことを思ったように書きます。

うちのおかんがエロジジイを撃退するの巻


昨日、うちのおかんが退職者の手続きなどで会社に出向いたときのこと。
昼食*(ラーメン)*後に、公園のベンチで一服していると、となりに高齢の男性が……すーっと寄って来て、同じく一服しとったんやて。
普通見ず知らずの人と同じベンチに座ったりせぇへんと思うんやけどなぁ……。よっぽど混んでへん限りは。

ほんでな、そいつが言うには……

「なあねえちゃん、金払うから一発やらへんか。」

*(驚き)**(驚き)**(驚き)*

俺のおかんやから、年齢、大体わかるやんな。
うちのおかんををひっ捕まえて「ねえちゃん」って、なんやねん!?

「え?あんたどこの人?名前は?齢いくつ?」
「名前なんかええやんけ。77や。金なら持っとんで。乳だけでも触らして~や。」

この時点まででも既にむっちゃ腹立つ*(激怒)**(グー)**(最低)**(グー)**(激怒)*

でも、次が笑える*(ニヤ)*
「あのね……うちの息子警察に勤めていてね、あんたみたいな人がいたら署に連れて行くように言われてるんだわ。どこでもいいから一緒に来てくれる?」

そいつは無言で立ち去ったんやて。

最後まで聴いて大爆笑してしもた。

日頃ウソはあかん言うとる俺やけど、これは「ウソも方便」のええ例やな。

あ、おかんには了承済みです。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

paix31415

Author:paix31415
2008年秋に発達障害とわかり、以後色々と紆余曲折を経て、自らの障害を受容、肯定し、前向きに生きています。 発達障害のこと以外でも、世の中のこと、社会、平和、政治、家庭、人間関係、趣味や特技などなんでも広く考えたいと思います。

更新はなかなかできないかもしれませんが、徒然なるままに、それらのことを含めてときには恋愛話やエッチな話もアリ!?色々な私感・雑感を書いていきたいと思います。

記事の内容(文章及び画像)を引用や転載される場合は、事前にご一報下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター