人は誰でも、好意を持っている相手に触れられるのは何とも思わないかまたは快く感じるかのどっちかだと思う。けれども、嫌いな相手には触ってほしくない、これは誰でもそうだろう。

基本的に人混みが苦手。朝夕のラッシュとか大嫌いだ。だから通勤もできるだけラッシュにぶち当たらないような時間帯にずらしていた。勿論電車内が夏冬問わず暑く感じるのも理由のひとつではある。
それに……人混みでは自分の好きなペースで歩けない。私は走るのは速くはないが、歩くのは結構速い方で、人混みでノロノロとしか歩けないと基本的にはイライラする。だからよく人の隙間を少しでも見つけたらすかさずそこをかき分けて抜いていく。丁度競馬で最終コーナー回ってから馬群を割って差してくるような感じ(←どんな喩えや!?)。
しかし最近はさほど速く歩くのは止めて、意図的にユックリ歩くようにしている。理由は簡単、暑いから。
だから、冬場だけだね、本来の速さで歩けるのは。5月頃から今月いっぱいくらいまでは……ノンビリ歩く。

それと、基本的にパーソナルエリアに入ってきてほしくないという感覚があるからだろう。

面白い話がある。これは確かマンウォッチング(デズモンド・モリス)に書いてあったと思うんだけど……初対面の2人が挨拶を交わそうとして、どちらも違う民族。片一方の民族はパーソナルエリアが広く、もう片一方は狭い。狭い方の民族の人が挨拶をしようとしたら、広い方の人はどんどん後ずさりしていって、でまた距離を縮めようとしてまた後ずさり……おいおい、永遠に出会えねえよ。

だから嫌いな相手には私のエリアに入ってきてほしくない。
あと、嫌いじゃなくても、なんらかのイヤな匂いをさせる相手はできれば近寄りたくない。
例えば、夏場に前日に風呂入ってなさそうな人は体臭がきついし、最近虫歯に悩んでるだろう人は口臭が強いんで寄ってほしくない。これは嗅覚の問題か。

しかしもしも恋心を抱いている異性なら、どんどんエリアを侵してほしい。エリア径0mmでいい。密着していたい。皮膚と皮膚、粘膜と粘膜を……イカンイカン、ここでやめよう……(^^;
あ、これは誰でもそうか。

もう蚊に喰われる季節は終ろうとしているが、今でもときどきしぶとい蚊にはやられる。じっとしていると羽音が聞こえなくても止まった途端にわかる。体毛がかすかになびくから。だから毛の薄い、あるいは無い場所に止まると……分かるまで時間がかかる。
しかし不思議なことに大きな蜂が止まったのが分からないことがあった。確か小1の頃だったか、刺されなかったのが幸いだ。

昔も今も汗かきなんで、よく蚊に喰われるが、子どものときほどはかゆみを感じなくなって来ているように思う。子どものときは結構長期間かゆくてしばしば掻き潰してしまい、それがひどい場合は化膿してしまったりした。近年はかゆいと言ってもせいぜい1日で終わり。

変なものに触られるのがイヤなのかな。5月ごろインフルの影響で、何日かマスクをしたけど、まあ……しんどかった。
あと、自転車でも歩きでも、ときどき小さな虫の大群の柱の近くを通ると、顔とか腕に虫が触るのも嫌だ。

すべすべしたものが好き。

つるつるしたものが好き。

冷たいものが好き。

金属パイプ、空き缶、好き。

熱いものやとげのあるような痛いものは駄目だ。そりゃそうだよね、誰でも。

でもお風呂は結構熱い方かな、42~43度。
でも猫舌。お好み焼きなんかを食べに行くと、鉄板から直に食べることはできないので、必ず取り皿にとって少し冷ましてから食べる。鍋なんかでもすいとんにとってしばらく置いてから。ん?ラーメンはわりと平気だぞ……??

アレルギーのせいだろう、口の周りの皮膚や口腔内が荒れる、って言うか、かゆくなる果物は……パイナップルとリンゴ、サクランボ、ビワ、アメリカンチェリー。パイナップルはアレルギーが無くてもなんかの針状結晶があるから荒れる人結構いるらしい。でもそれ以外の共通するのは……バラ科植物。
バラ科の他のものは平気。桃、李、梅干、プラム、梨、大丈夫。
柑橘系もなんともない。
キウィ、パパイヤ、マンゴー(なんか昔の歌みたいだ)も平気。
だからフルーツジュースを飲むときは、できるだけ普段食べられないものが多く含まれているものをチョイスする。リンゴ果汁の多いのとか、パイナップル果汁の多いのとか。

暑いのが苦手。
寒いのは基本的にはこたえない。あ、でも同じ大阪でも山間部とかに行けば違うだろうな。

……なんだか色々と書いていたら、やっぱりキリがなくなりそうだ。
この辺で、失礼させて頂きますね。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paix31415.blog6.fc2.com/tb.php/562-27c9174a