今のところで1人暮らしを始めて3年半が経ちます。

私の住む部屋のお風呂は、いわゆる初めての1人暮らし定番、って感じです。
ま、つまり、1Rの狭い部屋の入浴設備といえば、バストイレがセパレートになっていない、いわゆる3点ユニット型のユニットバスという、いわば定番のようなタイプで、要はそれってことです。

今年の冬は例年になく寒かったので、水温も低かったせいもあったのでしょう、先月はガス代の記録を更新してしまいました。
また、水道代も相当高くつきました。

それでふと計算してみますと、銭湯1回410円なんですが、あれ?冬場に限ってみると、銭湯に行ったって、そんなに割高ではないやん、って思いました。

で、何かの折に行こう行こうと前々から思っていて、昨日夕方、禁煙外来の帰りに寄ろうと思い、お風呂セットをデイパックに詰め込んで、通院の帰りに寄りました。

そこは、いわゆるお風呂だけではなく、ちょっとした軽食スペース、ビールやおつまみ、たこ焼き、などが食べられるところもあり、また、銭湯でありながら、露天もついているんです。

こりゃあ行くしかないっしょ、って感じのところです。

行ったのは夕方6時過ぎくらい、女湯はどれくらい混んでいたのか知りませんが(当然か!?)、私が入ったときには男湯には殆んど誰も入っておらず、体を洗うのも、お湯につかるのも、ま言ってみればしたい放題、って……思ったのもつかの間、ひとり、またひとり、とお客さんが増えてきました。

頭と顔と体を洗い、顔を剃って、屋内の浴槽(炭酸風呂)に身を沈めます。
う~~ん、いい気持ち^^

続いて、2階の露天に向かいます。

ドアを開けた瞬間、冷たい外気に触れ、一瞬皮膚がヒュッと縮こまる感じがしましたが、持参の洗面器で軽くかかり湯をしてゆっくり身を沈めると、どんどん体が暖まってきます。

何でもゲルマ温浴、だそうです。

露天には僕の他にはもう1人しか入ってきませんでしたが、そのおじさんと、ここの銭湯初体験同士ということだからか、会話が弾みました。

熱がりの私は長時間は入っておられず、数分で先に退散、1階の洗い場でまた洗面器にお湯を汲んで、上がり湯をして、体を拭いて、上がりました。

脱衣室でもそのおじさんは色々と話しかけてきてくれて、僕の締めている褌がさまになっているとか、とても40代には見えないとか、色々とちょっと嬉しいことを言ってくれます。

冷たいお茶を外出時にはいつも持って出るのですが、うっかりして忘れてしまい、仕方なく珈琲牛乳を……120円もしました(@_@)でもまあいいか。

軽食コーナーでビールを、と最初は思っていたのですが、そこで一杯やっている老夫婦がタバコを吸っておられたので、自分も吸いたくなったらあれなんで、その選択(珈琲牛乳)にした、というのもあります。

銭湯から僕の住むところまで実は自転車で15分近くかかるのですが、部屋に戻って来てからも、なかなか、汗が完全には引きませんでした(^^;

数時間、ポカポカと温浴効果は続きました。

実は来週の通院日には違う銭湯に行く予定だったのですが、またここに来ようか、ちょっと悩んでいます、ハハハー



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paix31415.blog6.fc2.com/tb.php/744-efd86068