上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.12.15 追加
基本、平素は平穏でいられるというのは、自分の心の闇を忘れることができるというか、普段使う回路と違うということなんだな、多分。

あるいは広角レンズのついた照明器具が、ときどき単指向性のスポットライトのように照らす角度を自ら狭め、自分の中の嫌な部分を照らさないで済んでいる、ということなのかも知れない。

でも根源的には問題はそこに転がっているわけだから、取り除かない限りときどきは光が当たってしまう。

回路とかに喩えると、完全にその通り道を遮断したところで、寝ているうちにお節介な小人さんが出てきてまた繋げちまうようなもんかも。

ならばその悪の部分を除去する以外に最善策はないと心得た。

回路遮断や照角の狭小化は消え去るまでの応急措置なんだな、これが(笑)
いやいや消し去るまでの、と書くべきか。そんな受動的な日和見ではいけない。

まあ、たまには自分の問題に正面からガブリ四つで取り組むのも俺には必要なんだろう。

スポットを当てないのも自己訓練、取り去るのも自己訓練。
この過程で得た技術は今後きっと俺の生きていく上で役に立つだろうと思うし、そう、信じたい。

ところで腹が減った。飯の仕度して来よう、っと!

うん、大丈夫だ、きっと、大丈夫だ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paix31415.blog6.fc2.com/tb.php/75-4faf09bd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。