上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.12.16 解明

ここ数日の俺の中の混乱は、なぜ起こったのか、自分なりにその謎を解明してみた。
とはいえ、精神科医でも心療科医でもカウンセラーでもない、いち素人の俺だから、誤りもあるかも知れないが……。

俺の周囲で、何か大きなこと、とてつもなく恐ろしいことが起きそうな、そんな予感がしていた。
そしてそれは途方もなく不気味で、途方もなく嫌なことだろう、できれば視たくはないことに違いない、という予想を立ててもいた。

それを真正面から凝視する心理的覚悟ができていた。レディネスができていた。
心の準備をしていた、ということにニュアンス的には近い。

まあ、今日明日明後日にでも実際に起きたらきっとあたふたするんだろうけれども。

ところが、その大きなことがなかなかやって来ないものだから、そこを注視するエネルギーは行き場を失って、しびれを切らしてしまい、自分の心の中に、とてつもなく恐ろしい「幻」のようなものを勝手に作り上げて、代償としてその「幻影」を注視することで、心の平衡を保とうとしていたんだろうと……思う。
それは昔の映画、ポルターガイストに出てくるような、悪霊たちのようないでたちであったかも知れないし、人間の姿恰好をしていたのかも知れない。

不思議な暗示にかかっていたような、錯覚していたような、そんな……なんともいえない、きつねかたぬきに化かされていた、という感じでもないんだけど……ううん、うまく説明できないんだけど、何かそんなとこ。

催眠術にかかっていたかのようだ、といったほうが少しは近いのかもしれない。

それが解けた今、混乱は全くゼロかというと、そういうわけでもないんだが、かなり気持ちは楽になっている。

視るべきもの、恐ろしいものが来たら、おそらく動じてしまうであろうことは大方見当がつくが、これまで経験した数々のパニックほどにはきっと混乱しないだろう。

そのときに役立つのは、先に書いた、複数の回路で対処することだと思う。
異なるチャンネルを使う、と言ったほうがより分かりやすいのかもしれない。

例えば普段は○○放送とか○○テレビを視ていてN○Kはあまり視ないのに、台風や大地震などが来たときには、N○Kを注視する、みたいなものかな。

おお、いかんいかん、明日は支援センターの相談日だ。宿題やらないと(^^;
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paix31415.blog6.fc2.com/tb.php/78-41ce2290
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。