私感・雑感
思ったことを思ったように書きます。
プロフィール

paix31415

Author:paix31415
2008年秋に発達障害とわかり、以後色々と紆余曲折を経て、自らの障害を受容、肯定し、前向きに生きています。 発達障害のこと以外でも、世の中のこと、社会、平和、政治、家庭、人間関係、趣味や特技などなんでも広く考えたいと思います。

更新はなかなかできないかもしれませんが、徒然なるままに、それらのことを含めてときには恋愛話やエッチな話もアリ!?色々な私感・雑感を書いていきたいと思います。

記事の内容(文章及び画像)を引用や転載される場合は、事前にご一報下さい。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最新記事



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



QRコード

QR



FC2カウンター



「『高江』……森が泣いている」を観ました。
今日午前中に、僕の住んでいるところの地元で、平和を願う高齢の女性のかたが主催する小さな映画上映会がありました。

オスプレイパッドの建設で大変なことになっている、沖縄東村高江の現状を告発する映画「『高江』……森が泣いている」です。

お金と時間に余裕があって、飛行機恐怖症がなければ飛んで行きたい、そう……強くつよく感じました。

参院選期間に僕は、結構ツイッターとかで、わたなべ結さんの演説が大阪のどこそこであるから行ってや~!とか、終わってからは、鳥越さんが東京のどこどこに来るから行ってや~、とか、その後は、住谷さんや神田さん名手さん村川さんが箕面のどこそこで、みたいな感じで結構つぶやきまくっていたんですが、その中でやはり高江のことは気にはなっていました。

機動隊が住民を力づくで排除する写真や動画もツイートされていました。
ウチの大学の先輩で東京在住のSKさんとかも盛んにつぶやいてはりました。

映画で観るってことは、実際に行われていることを文章で読んだり、あるいはツイートとか画像で見るのと、全く迫力が違います……ね。

最近少々気分的に不安定気味だったこともあって、落涙しそうになりました……。
でも、次第しだいに……あちこちからすすり泣く音声が……聞こえてきました。

これほどまでして安倍政権はアメリカのいうことを聞きたいのでしょうか。
こでほどまでして安倍政権は戦争に協力する道に加担したいのでしょうか。

分かりません。
分かりません。

そもそも日本は第二次大戦後に、「あたらしい憲法のはなし」でも書いていたように、戦争はしないと誓った国のはずです。
それが70年経って現在はこのありようです……。

お隣の韓国では、朴大統領が、他の人の言いなりになって業務にあたっていたかどで辞任を迫られていますが、日本だってパククネと同じだと思いますが。。。
アメリカの要求にほぼ誠実に対応しているとしか思えません。
韓国と同じパワーと認識が日本にあれば、途方もない規模のデモが連日あちこちで起こっていると思うのは果して僕だけでしょうか。

テーマ:日本を正常な国に戻したい - ジャンル:政治・経済

「高校野球メモリアルパーク」

「私感・雑感」をお読みのみなさま、いつもお世話になりありがとうございます。
僕は高校野球や高校ラグビーの発祥の地豊中に長く住んでいるのに、その痕跡らしきところに行ったことはありませんでした。

ですが、今日、想定外に、高校野球発祥の碑を訪れることができました♪

高校野球メモリアルパーク

といいますのは、現在就活中でして、今日は事業所見学に行ったんです。
その帰り道、ぶらぶらと豊中駅まで歩いてたんですが、いかんせん、方向感覚の弱い僕は道に迷ってしまい、途中、産直野菜の八百屋で高菜を買いつつ、道を尋ねることでようやっと?!駅まで戻ることができたのでした(^^;

昨日は夕方かなり冷え込んできていたので革ジャンを着用することができた僕は、そのつもりでトレーナーで外出しました。
結果……暑くて着ていられませんでした><その下の長袖シャツもアウト、結局今日も半袖Tで汗を拭きながら歩いていました。。。
昨日のは糠喜びですな。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

花が咲いた花が咲いた芳しい花が。。。
ゴーヤーの雌花
拙FC2ブログ「私感・雑感」をお読みのみなさん、いつもお世話になります。
なんだかマイク真木の唄を思わせるタイトルですが、こんな時期にゴーヤーの花が咲いたのでお知らせしたくなりました。
ぶっちゃけ、春に蒔いたのは枯れたので、途中で追加で種を蒔いた分です。
しかも室内、さらにいえば北向きの窓なので、正直。。。。成長はめちゃくちゃ遅いです(^^;
夏の盛りに日当たり良好なところにおいているのとはわけが違うので、僕自身、まさか花が(@_@)って感じなんです。
……でもね、これ、残念なことに、最初の花なんですが、雌花なんですよ。
う~~ん、実らねえよーって、多分そうですね。
朝晩大分冷え込んではきていますが、うん、なんだか処分する気にならんのですわ。
ここまでくれば、いっちょ、冬越しさせたろか、って思ったり(^m^)
でも夏野菜の苗にとってはちょっと酷な環境かも知れませんね、うん。
まあ、じっくり付き合ってみますわ。

雌花CU

見えにくいと思うのでクローズアップ、でもこれもピンボケであんまりよう分からんちんですわな。。。ハハハ(^^;

テーマ:日記 - ジャンル:日記

発達障害の当事者会(ファシリテーター研修)に参加しました!
みなさん こんにちはぁ~。
随分とご無沙汰しておりますが、生きてます!(笑)

以前僕も世話人として関わっていた発達障害当事者会「グループそのまま」、最近は年1回の1Dayワークに参加するのが精一杯になっていました。

しかしこのところ、1日たっぷりの長いワークだけじゃなく、半日(4時間)の、つまり通常の時間帯のワークにも参加したい気持ちが生じてきて、4月、8月、そして今回、と3回参加しました。
そのどれもが充実したワークになっていましたが、飽くまで僕個人の思いというか、感想として、今日のワークがこれらのうちでは最も深いワークになったなぁ、と……そう、思いました。

※あ、ファシリテーター研修というのは、丁度僕が世話人会を一旦停止してから始まったものですが、将来的に何らかの形でファシリ的な役割を担おうとする方々や、基本的な通常のワーク(初参加でもOK)に参加した経験のある方々、または他のベーシック・エンカウンターグループワークに参加経験のある方々限定のワークです。
ですから、いってみれば「発展編」という感じでしょうか。
ネーミングも「ADVANCED」となっていますので。あ、因みに基本的な通常ワークのほうは「BASIC」となっています。

心理的に深いワークになると僕は、なぜか気持ちの疲れが生じてきたり、心の疲れが生じてきたりしますが、身体の疲れも……若干、出てきます。
それと、なぜかお腹が減る。。。。のです。
激しく気持ちが動くと、運動はしていなくっても、結構……エネルギーを使うものなんだろうなぁ、と感じました。
予定以上にしっかり食べてしまいました。嗚呼、また太るぜよ(苦笑)

疲れてはいても、気持ちは充実しています。参加してよかった!と、そう、心の底から言える気がしています。

元世話人がこんなこと言うのもなんですが(^^;
グループそのままよ、ありがとう~♪!!

……本当なら今月末に行われる1Dayにも参加したかったのですが、今年の夏は選挙選挙で明け暮れていて(あ、飽くまでオレ基準の話です(^^;) 申し込むことを全く失念しておりました(><)

テーマ:広汎性発達障害 - ジャンル:心と身体

今更ながらですが……岸井さんと藤原さんの講演会に思うこと
タイトル通り、もう2週間も前なので、随分と「いまさら」感も強かったりするんですが、身の回りでも色んなことがあり、また、平素から一応色々と思うことがあるので文章を認めておきます。

9月13日に、大阪大学豊中キャンパスイ号館……じゃないや、大阪大学会館、ですね、で行われた岸井成格さん、藤原節男さんの講演会。講堂は平日昼間にもかかわらず満員御礼で立見の人も出るくらい多くの参加者がありました。
あまりに多過ぎて冷房の利きも悪く、2階席は参加者の体温とか人いきれでム~ンと蒸し暑かったです。

岸井さんについては、テレビのニュース番組にも出演されていたので、よくご存知と思います。あ、因みにテレビを持っていない私は失礼ながらこの企画のことを知るまで存じませんでした。。。。岸井さん、すみません<m(__)m>
で、件のニュース番組でいつも安倍政権に対して批判的な姿勢を示しておられたとのことです。
今年の春、番組改変期に、一気にいわゆる「反権力寄り」とされた3人のキャスターの方々が降板して話題になったらしいのですが、そのおひとりです。

藤原さんは、原子力安全基盤機構というところにお勤めされていましたが、原発のデータ改ざん命令という不正について公益通報を行ったかたです。

お二方に共通するのは、ご自身の良心に則って行動、発言されたがために、いってみれば「はぶられた」という点だな、と私は感じています。

最初は藤原さんの講演、次に岸井さんの講演、その後は岸井さんを囲んでのトークセッション、でした。

内容の詳細はここに記すことはできませんが、お二方とも、大変ユーモア溢れるお話をして下さいましたので、長時間であるにも関わらず退屈さを感じることはあありませんでした。

3つのセッションを通じて貫かれていたこと、それは、言論の自由とは何なのか、また、報道の自由ということも何なのか、もっと私たち国民の一人ひとりがよく考えるべきだ、ということなんじゃないかな、と私は感じました。

あ、飽くまで私個人的には、なんですが……さらに一歩踏み込んで、まあ憶測というか推測ですが……言論の自由や報道の自由が安倍政権などによって危機にさらされている今、心ある国民の一人ひとりはもっと声をあげ、行動していこう、という呼びかけ……勿論そのようなことをどなたもおっしゃっていませんでしたが、にも受け止められました。

報道や言論の自由、と口にするのはたやすいこと……かも知れません。でも、そのためには、私は一定の条件が必要だろうとも思うんです。

飽くまで事実と道理に基づいたこと、です。
事実に反すること、また、全くのこじつけの屁理屈は駄目じゃないかな、って思うんです。
それと、人の命を殺める可能性があるもの、これも駄目です。

(余談ですが、そういう意味ではポケモンGOというのは殺人ソフトだからとっととデリートされるべきと思っています。)

人の心を傷つけるもの、これも駄目です。

え?でも僕らが安倍さんとか維新の批判すると、彼らだって傷つくじゃん、ってのは違います。
彼らの悪政で国民皆が傷つき、また、落命もしています。
それに、多くの人々から批判、非難されることはあれだけの地位とか権力があれば当然のことでしょう、折り込み済みのはずです。

ところが、安倍政権やその側近の大臣たちは、放送や新聞などに最近は圧力をかけてきているのです。

いいことはいい、悪いことは悪い、正しいことは正しい、間違いは間違い、とはっきりものを言うと圧力がかかるぞ……という脅しにも私には感じられなくはないんです。

そういう色々な意味で……はっきり言って、非常に聴き甲斐のある講演会、でした。

あ、ほんで本当はね、これと結びつけて、思うことと言うこと、思想信条の自由……などについても書きたかったんだけど、あまりにも長くなりそうなこと、また、上手くまとまらない文面になるだろうと思うこと、などの理由でまた次回以降にします。


テーマ:日本を正常な国に戻したい - ジャンル:政治・経済